ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 セルフケア指導

 月曜チャンネル

【ビデオ】腰痛を改善できる”スゴイ前屈”とは?

2291 Views

おはようございます、
カラダメンテナンス研究所の
落合一晃です。

熱い夏!いよいよ本番です。

関東地方も例年より
22日早く梅雨明けですね。

さて、先生は腰痛改善に
「前屈動作」
が効果的だとご存知ですか。

残念なことに、腰椎の可動域を
正しく行う前屈動作は
あまり、知られていません。

そこで、正しい前屈動作と、
膝裏の伸展動作を行い

腰椎、腰部(腰方形)の柔軟性を
改善する運動をご紹介します。

前屈ならやったことあるよ
という先生も是非ご覧になって
患者さんに教えてあげてくださいね。

 ↓↓↓

テキストでも
解説をしておきますね!

【正しい!前屈動作】

1、立位姿勢から腹圧を高め
  骨盤の前後動作を安定させて
  ゆっくりと身体を前に倒します。

2、息を吐きながらゆっくりと
  背中を丸め、胸が大腿部に
  近づくように行います。

ここで、ポイントです。

胸と大腿部が離れ、距離が遠いと、
腰椎の可動域、腰部の柔軟性がない、

つまりは、
膝裏も伸びにくいという
問題点が現れます。

そのため、、、

3、膝は曲げて、ゆっくりと
  背中を丸めて前に倒します。

4、次に、膝裏を伸ばして、
  最大に伸ばしたら
  また曲げてを繰り返して、
  膝裏の伸びを作ります。

すると、いかがでしょうか?

腰(腰方形)の筋肉が緩んで
伸びていくのが感じれると思います。

その動作を、
5~8回行いましょう。

最後は、

5、ゆっくりと身体を起して、
  姿勢を立ち上がると
  骨盤の立ち上がり、腰方形筋が
  伸びていくのが体感できます。

腰部のマッサージ、
治療後にこうした正しい
前屈動作をお伝えすれば

「なるほど」と
納得、満足されますよ。

ぜひ一度、
院で紹介してみてくださいね。

 ↓↓↓

スポーツトレーニングPLUS
カラダメンテナンス研究所
落合一晃
 
 

追伸

【※7/11(水)23:59で提供終了】

内臓 / 脳脊髄 / 自律神経 / 血流 / 筋骨格…
“あるポイント”へ圧を加えるだけで
全身60兆の細胞をたった1回で治す!?

SOT、ガンステッド、トムソン
アクチベーター、ターグルリコイル
AKA、経筋、トリガーポイント…

あらゆる治療法を学んだゴッドハンドが
最後に辿り着いた超カンタンな根本療法を公開!
 ↓↓↓
※7/11(水)23:59で提供終了

Writer

落合 一晃

落合一晃 落合一晃の記事一覧

昭和45年生 島根県松江市 高校卒業後、愛知県に進学後、22歳に縁あって民間スポーツクラブ アルバイトから未経験からスタート、平成14年健康運動指導士習得その後、33歳の時、 地元へUターン 松江旧市内の公共施設へ転職。 小さな市街地から離れた施設の運動指導にて、スポーツクラブと違い、慢性的な疾病を抱えた 高齢者が多く運動指導の限界を感じ、メディカルの必要性を感じ、39歳の時起業。 新たなメディカル・整体も取り入れ、トレーナーという新たな社会的な地位確立めざし現在に至る。 最近は、心理学、孫子の兵法、経営学も取り入れ講演活動、出張指導と幅を広げている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信