ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 セルフケア指導

 鈴木章生

口下手の先生必見!今日から問診上手になれる3つの方法

863 Views

先生方、こんにちは。

 

「痛みを取る技術」モーションロック
瞬間解除テクニックを研究している
鈴木章生です。

 

よく「問診は大切だー!」と
色々なセミナーや勉強会で
聞かれている方も多いかと思います。

 

でも、

「自分は口下手だしなー」

と、自信が持てない方も
多いのではないでしょうか?

 

実は私も「口下手」です。

 

PTAや近所付き合い、
親戚付き合いなど、
全く喋ることができません。

 

でも、患者様に対しては
きっちり問診ができています。

 

ですので自分が
「口下手」だと思っている方も
心配しないで下さい。

 

そんな方でも
問診のポイントを押さえるだけで、
ちゃんと患者様の信頼を
得られるようになります。

 

まずは、問診の意味から
理解していきましょう。

 

================
 問診を大切にしなければ
 ならない理由とは?
================

問診が大切な理由は
3つあります。

 

1つ目は、

「患者様との信頼関係と、
 施術方針の土台を構築すること」

ができるからです。

 

来院される患者様は長い期間、
痛みや不調に悩んでいる方が
ほとんどです。

 

複数の症状や不調を抱えていたり、
複雑な経緯の方も多くいます。

 

だからこそ、
痛みの期間や場所といった
うわべだけの問診でなく、

患者様の生活にある背景や、
言葉尻から見える潜在意識などを

どれだけキャッチできるかが
重要になります。

 

また、患者様からの言葉に対する
こちらの相槌、ねぎらい、返事などから
自分は信頼に足る存在であることを、
無意識に伝えることができます。

 

問診が深い部分までできれば
施術の方針を立てやすくなるのは
もちろん、

「そんなことに気付いてもらえるのか」
「こんなことを聞かれたのは初めて」

と、患者様に
思ってもらうことができて、
信頼関係の土台を問診で
築くことができるのです。

 

2つ目は、

「事実の確認と合意形成」

ができるからです。

 

患者様は、自分自身でも
痛みの場所や可動範囲について

しっかりと
認識できていないことが
ほとんどです。

 

例えば、

「腰だけが痛い」

とおっしゃっていても
過去に膝の痛みを
抱えていたことがあったり、

今現在も、肩こりや頭痛で
常に悩んでいることがあります。

 

特に頭痛や生理痛は、

「痛いのが当たり前」

になってしまっていることが多いので、
全ての症状やリスクを洗い出して
患者様と共有し、

今後のプランやリスクについても
合意を形成しておくことが
大切になります。

 

この部分をしっかりしておかないと、
後々になって

「こっちが痛くなった」
「あそこに行ったら痛みが出てきた」

などというクレームに
発展してしまうことがあります。

 

3つ目は、

「言葉と意識を共有すること」

ができるからです。

 

痛みというのは
実際に存在する「物」ではなく、
あくまで「感覚」です。

 

一概に「肩が痛い」と言っても、

「ドーンと痛い」
「ズキンと痛い」
「重い」
「突っ張る」
「凝る」

など…
患者様によって様々な表現をされます。

 

それを「肩の痛み」という
施術者側の言葉でくくってしまうと
信頼関係は構築できません。

 

あくまでも問診の目的は、

「患者様がどんな悩みを
 抱えているかを知ること」

です。

 

どんな悩みを抱えているかを知る
ということは、

「どんな言葉を使うかを知る」

ということなのです。

 

================
 「口下手」でも
 短時間でできる問診のポイント
================

・コミュニケーション能力がない
・会話が苦手

という方が、問診や施術で

「やってはいけないこと」

があります。

 

それは、世間話をすることです。

 

問診や施術には、
天気や時事ネタは必要ありません。

 

先生が挨拶代わりに

「暑くなってきましたね」

みたいな
施術と関係ない話を振ると、

余計な話をしても良いと、
無意識に患者様に
隙を与えることになるので、

長時間の施術を
売りにされている方は良いですが、

短時間の施術をする方には
不要な会話になります。

 

コミュニケーション能力がない場合、
とにかく痛みや不調に「だけ」
質問をフォーカスすることが
ポイントです。

 

例えば、

「スキーに行ってきました」

と患者様がおっしゃったのに対して

「どこに行ったんですか?」

と先生が聞いてしまうと

「苗場に行って、どうで、こうで」

と、患者様の楽しかった思い出が
湧き出てしまい、
世間話になってしまいます。

 

そこで

「腰の痛みが出たりしましたか?」

と、質問を痛みに限定することで、
会話が広がりにくくなります。

 

施術時間が長くなってしまう
先生の特徴は
こんなところにもあるので、

とにかく

「会話や質問を、
 痛みや不調に限定していく」

ということが
ポイントになります。

 

これらの点が
目の前の患者様を救っていただける
一助になればとても嬉しいです。

 

追伸

こういった問診を、
最大限に活かす施術方法が
こちらにありますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

↓↓↓
http://suzuki2.com/

 

それでは、
またお会いできるのを
楽しみにしています!

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!

 

鈴木章生

Writer

鈴木 章生

鈴木章生 鈴木章生の記事一覧

2008年1月に自宅の8畳仏間で開業。 その2ヶ月後の3月には月商100万円を叩き出す。さらに3ヶ月後の6月には月商200万円突破という型破りな実績を持つ。
「モーションロック瞬間解除テクニック」を開発して以来、月500名前後の患者様を施術し、月商250万円 の治療院を経営。初回から6回リピートする患者様が全体の80%を占めている岡崎のカリスマ治療家。
また、慶應義塾大学総合政策学部卒、元テレビ局勤務、さらには現在も整体院と同時に飲食店の経営、NPO法人の理事を務めるなど施術家として異色の経歴を持つ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信