ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 解剖ノウハウ

 大澤訓永

【ビデオ】解剖学から見る「正しい姿勢」ってどんな姿勢?

1304 Views


この動画を気に入った方はコチラからチャンネル登録お願いします!

 

From:大澤訓永

 

こんにちは。

 

「日本BMK整体協会」代表の

大澤訓永です!

 

本日も、

『今さら聞けない
分かりやすい解剖学』

というテーマで、
先生のお役に立つ情報を
お伝えしていきます!

 

よろしくお願いします。

 

 

世の様々な身体に関する理論で
正しい姿勢の重要性が
説かれていますが、

“正しい姿勢”がなぜ大事なのか
先生はご存知ですか?

 

もし正しい姿勢を
取ることができないと

たとえば、

首の前弯、背中の後弯、
そして腰の前弯のクッション機能が
上手く機能しなくなってしまいます。

結果、身体のバランスは
崩れてしまいます。

 

さらに、
悪い姿勢を取っていると

身体の軸から
重心がズレることになり

筋、筋膜、靱帯などに
過剰な負担が掛かることに
なってしまいます。

 

本当に、悪い事だらけですね。

 

ですから、

様々な手技で患者様を
正しい姿勢に戻していくことが
治療の基準の1つとなるのです。

 

では、具体的に正しい姿勢って
どんな姿勢なのでしょうか?

 

私たち治療家はどこを見て
患者さんが正しい姿勢を取れているか
判断すればいのでしょうか?

 

詳細は動画でお伝えしていますので
ご覧くださいね。

 

 

ぜひ、本日お伝えした内容を
臨床に活かしてくださいね。

 

きっと治療結果も
変わってくるはずです。

 

【リクエスト大募集】

 

大澤チャンネルをご覧いただき
ありがとうございます。

 

先生は解剖学について
一度じっくり解説を聞きたいと
思っていることはありませんか?

 

「硬結って何?」

「トリガーポイントって?」

 

ぜひ取り上げて欲しい
トピックがありましたら
お気軽にお寄せください。

 

企画に役立てて参ります。

 

リクエストがある先生は
下のURLからご回答をお願いいたします。

↓↓↓

リクエストはコチラから
※2分で回答できます

 

-大澤訓永

 

追伸

 

身体の土台となる
パーツといえば、”骨盤”ですね。

 

土台が整い、歪みがなくなれば、
腰痛、肩こり、頭痛、自立神経系症状…
あらゆる症状を改善できます。

 

私の骨盤矯正テクニックを使えば
必要な時間は、たった15分。

 

しかも整体学校を卒業したての
経験の浅い先生でも
カンタンに再現できます。

 

詳細は下のリンクや画像をクリックして、ご確認ください。

■クリックして詳細を確認する

Writer

大澤 訓永

大澤訓永 大澤訓永の記事一覧

・柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師
・一般社団法人 BMK整体協会代表理事
・国際ライセンス「Diploma of Remedial Massage」
 (世界50ヶ国以上で認知のオーストラリア国家資格)
・登録販売者(2,3類医薬品)
・心理カウンセラー、コミュニケ―ション能力1級
・心理アロマセラピスト
・株式会社 A I K I 代表取締役
・一般社団法人 AIAS -JAPAN 本部講師/技術監修
・Shiatsu Therapeutics Association of America 会員(米国指圧師協会)
・その他整体・骨格調整、オステオパシー、カイロ、ロミロミ、
 リンパマッサージ・・・ 等々の多種技術を学ぶ。

毎年ハワイ大学の解剖実習に行くのが生きがいの
解剖マニア。

略歴

大学の理工学部機械工学科卒業後、
建築設備会社に務めるも
治療家を目指すために28歳で退社

約10年間、整形外科、総合病院で
勤務し理療室長・リハビリ室長となる。

その臨床経験をもとに
はり灸・整骨院を独立開院。

医師からも治療相談も多数受け
クライアントには医師本人・その家族
芸能人・著名人が多数。

10年以上の医療現場での臨床経験から
治療・施術経験を凝縮し、実費整体法
『BMK美健整体』を全国の治療家に発表。
治療院業界史上初の記録的大ヒットを叩きだす。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信