ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 解剖ノウハウ

 大澤訓永

【ビデオ】自律神経と内臓疲労の意外なカンケイ

717 Views

From:大澤訓永

こんにちは。

「日本BMK整体協会」代表の
大澤訓永です!

本日も、

『今さら聞けない
 分かりやすい解剖学』

というテーマで、
先生のお役に立つ情報を
お伝えしていきます!

さて、今回も”唾液”について
さらに深堀をしていきましょう。

先生もご存知の通り、
大唾液腺は3つに分かれていて

自律神経の状態によって
サラサラした唾液だったり
ネバネバした唾液が分泌されますね。

実は、この自律神経と唾液の繋がりを
正しく把握しておくことが、

巷の治療家さんと先生の施術に
とても大きな”違い”を
生むことになるんです。

ひょっとしたら、
たかが唾液…と
思われているかもしれません。

ですが、この唾液が原因で
疲労がたまりやすくなったり
内臓疲労が引き起こされたり、

はたまた疲れが
回復しづらくなったりと

様々な事象に連鎖していきます。

たとえば施術中、
「最近、口が乾いて…」
と患者さんがひと言漏らしたとき、

先生は解剖からどんな推察を
巡らせられるでしょうか?

ここの繋がりを理解することで
患者さんの”口の渇き”すら逃さない

ワンランク上の施術が
出来るようになってきますので、
ぜひ続きをご覧ください。

 ↓↓↓

【リクエスト大募集】

解剖学や、施術の疑問について
取り上げて欲しいトピックがあれば、
お気軽にお寄せください。

全ての質問には
お答えできませんが、
映像を通じて私が回答いたします。

リクエストがある先生は
下のURLよりご連絡くださいませ。
 ↓↓↓

https://jp.surveymonkey.com/r/KTC8KH7
※2分で回答できます

日本BMK整体協会 代表
大澤訓永

追伸

解剖学に基づいて、
国民の3分の1が悩む頭痛を解消する
手技テクニックを公開中です。

何となくマッサージしたら
頭痛も解消された…なんて状況からは
はやく卒業しちゃいましょう。

必要なのは、
わずか15分の施術だけ。

頭痛を得意な症状に変えて
もっと多くの患者さんを
救えるようになりたい先生は

以下より詳細を
ご覧になってみてくださいね。

 ↓↓↓
▼解剖学から生まれた頭痛治療テクニック

 
 
 

Writer

大澤 訓永

大澤訓永 大澤訓永の記事一覧

・柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師
・一般社団法人 BMK整体協会代表理事
・国際ライセンス「Diploma of Remedial Massage」
 (世界50ヶ国以上で認知のオーストラリア国家資格)
・登録販売者(2,3類医薬品)
・心理カウンセラー、コミュニケ―ション能力1級
・心理アロマセラピスト
・株式会社 A I K I 代表取締役
・一般社団法人 AIAS -JAPAN 本部講師/技術監修
・Shiatsu Therapeutics Association of America 会員(米国指圧師協会)
・その他整体・骨格調整、オステオパシー、カイロ、ロミロミ、
 リンパマッサージ・・・ 等々の多種技術を学ぶ。

毎年ハワイ大学の解剖実習に行くのが生きがいの
解剖マニア。

略歴

大学の理工学部機械工学科卒業後、
建築設備会社に務めるも
治療家を目指すために28歳で退社

約10年間、整形外科、総合病院で
勤務し理療室長・リハビリ室長となる。

その臨床経験をもとに
はり灸・整骨院を独立開院。

医師からも治療相談も多数受け
クライアントには医師本人・その家族
芸能人・著名人が多数。

10年以上の医療現場での臨床経験から
治療・施術経験を凝縮し、実費整体法
『BMK美健整体』を全国の治療家に発表。
治療院業界史上初の記録的大ヒットを叩きだす。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信