ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 美容テクニック

 月曜チャンネル

冷たい足を一瞬で”ポカポカ”にする!『冷え性解消エクササイズ』

471 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

こんにちは!

スポーツトレーニングPLUS
カラダメンテナンス研究所
落合一晃です。

いつもメルマガを読んでいただき
ありがとうございます。

今日は視聴者の方に頂いた
リクエストにお応えしたいとおもいます。

まずは、
質問内容を見ていきましょう!

「最近寒さが強まり、
 冷えが気になるようになってきました。

 冷え性を解消できるような
 エクササイズはありますか?
 
 よろしくお願いいたします。」

とのことです。

年末年始は厳しい寒波が
日本列島を覆いましたね。

寒い季節になると
“冷え症”を訴える患者さんが
増えるんですよ。

そんな患者さんの多くが
寝るときに靴下を履いたり
ストレッチや運動を
しているそうなんです。

ですが実は、
運動を習慣化しても
身体の冷えの解消は
難しいんですよね。

冷えを改善するには、

末梢に血液が循環されるように
~~~~~~~~~~~~~~
することが重要なポイントなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこで今回は

『足先の血流を一気に良くする!
 ”冷え性解消”エクササイズ』

をご紹介します。

このエクササイズは
足先までの血流を良くすることで
冷え性の解消にダイレクトに
効果のある方法です。

そしてやり方もシンプルで、
素人さんでも簡単に再現可能です。

やり方は、
足首を掴んで”グルグル”っと
20回まわすだけなんです。

これだけで
流れが悪かった血液が
一気に流れ出して、

冷たかった足先が一瞬で
“ポカポカ”して来ます!

ご自身でやっても良いですし、
施術家の先生であれば、
患者さんの指導にも使って頂けます。

動画では
冷え症を解消するための
とっておきのエクササイズを
2つご紹介しています、

誰でも今すぐに試せるように
分かりやすく説明しておりますので
是非ご覧になってみてください!

 ↓↓↓

ここからは
冷え性解消エクササイズの
ポイント解説となります。
※動画とあわせてご覧ください。

=============
【冷え性解消エクササイズ】
=============

【1】
足の指を、
手の指でしっかりと掴む。

【2】
反対の手で足首を
動かないように抑える。

【3】
足首をしっかりと
押すように回す。

【4】
交互にゆっくりと
20回を目安に回す。

これを行うことで
左右の足の指先から足首にかけての
血液の流れを改善できます。

さらに効果をアップする
ワンポイントをご紹介致します!

【1】
両手で壁に手を着き、
腰の幅に両足を広げて立つ。

【2】
足の親指で床を押すように、
つま先立ちをする。

【3】
ふくらはぎを使っている意識で
つま先立ちをしたら、
ストンとかかとを下す。

これを、
20回目標で繰り返します。

足指・足首回しと合わせて
つま先立ち運動を行えば、

グッと血流改善効果が
アップします。

この2つを予備運動として
ウォーキングなどと組み合わせると
さらなる効果が見込めます。

日々継続して行うと、
効果はより高まりますよ。

まだまだ寒い日は続きますので、

しっかりと実践して
冷え性を解消していきましょう!

それでは、
またお会いしましょう。

スポーツトレーニングPLUS
カラダメンテナンス研究所
落合一晃

追伸

【無料手技セミナー映像|本日から公開!】

2021年、新年一発目にふさわしい
伝説ともいえるゴッドハンドが遂に登場!

指1本でやさしく●●をなぞるだけ!
~~~~~~~~~~~~~~~~
医学の常識では「治らない」と宣告された
重度の痛みすら1回で回復に導く…!?

今話題の最新テクニックを
【無料】で試してみませんか?

 ↓↓↓

▼今すぐ無料で手に入れる


※1/13(水)までの期間限定

▼ゴッドハンド通信LINE登録はこちら▼

「ゴッドハンド通信LINE」お友達登録のお礼として
“わずか30秒”で驚異の効果を体感できるスゴ技映像をプレゼントします♪
 ↓↓↓

>今すぐ”スゴ技映像”を無料で手にれる

1.たった30秒でできる全身調整です
2.しかも、”頭部を軽く押すだけ”でOK
3.腰痛、肩こり、頭痛、膝痛etc…全身の不調を即改善!
 
 
 
 
 

Writer

落合 一晃

落合一晃 落合一晃の記事一覧

昭和45年生 島根県松江市 高校卒業後、愛知県に進学後、22歳に縁あって民間スポーツクラブ アルバイトから未経験からスタート、平成14年健康運動指導士習得その後、33歳の時、 地元へUターン 松江旧市内の公共施設へ転職。 小さな市街地から離れた施設の運動指導にて、スポーツクラブと違い、慢性的な疾病を抱えた 高齢者が多く運動指導の限界を感じ、メディカルの必要性を感じ、39歳の時起業。 新たなメディカル・整体も取り入れ、トレーナーという新たな社会的な地位確立めざし現在に至る。 最近は、心理学、孫子の兵法、経営学も取り入れ講演活動、出張指導と幅を広げている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 ゴッドハンド通信