ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 全身治療テクニック

 広江 洋一

ゴッドハンドは知っている。施術で結果を出す”究極奥義”とは?

759 Views

おはようございます!

日本モルフォセラピー協会理事の
広江洋一です。

さて、大変な反響を頂きました
モルフォセラピーですが、

モルフォセラピスト
(協会の認定セラピスト)を育成する、

モルフォセラピー”プロ認定”
5ヶ月選抜プロジェクトが
全て終わりました。

モルフォセラピーは
とてもシンプルですし、

ルーティンで行うことで
効果が発揮されます。

5ヶ月選抜プロジェクトを
終えた感想としましては、

「シンプルさとルーティンを
 継続するだけでは、

 満足できない治療家さんが
 とても多くいらっしゃった」

そんな印象を受けました。

そして、

「より早く、より凄い
 結果をだしたい!」

そんなご要望が多かったですね。

そういった欲求や意欲が有るのは、
とても良いことです。^^

話は変わりますが、
私は野球の野村克也監督が好きです。

理由は色々とございますが、
自分とどことなく似ていると
感じているからです。

球界の御大と似ているなんて
失礼かもしれませんが、
あくまでタイプの話しです。^^

野村監督は、長嶋茂雄という
球界のスーパースターと同時期に
活躍しておりました。

野村監督は、

「この2人には”天賦の才が有る”と
 世間から言われているそうですが
 自分は必ずしもそうでは無かった。

 苦労と工夫で積み重ねたことで
 自分を成長させた。」

と、仰っていました。

私も同様で”天賦の才”が有るのではなく
コツコツと時間と労力をかけて
工夫してやってきたと思っております。

そして、
野村監督が創意工夫の積み重ねで
結果を残してきたという事実が好きで
私の勇気や元気の源となっている存在なのです。

何故こんなお話をするかといいますと、
天から授かるような特殊能力を持っている人は
とても少数と言うことです。

私は、治療家の世界も
プロ野球と同じだと思っています。

少し考えてみて下さい!

プロの野球選手で、
150キロの直球を投げるピッチャーは、
そこそこ、いらっしゃいます。

しかし、野球人口の全体を見渡した場合
150キロの直球を投げれるピッチャーは…。

ですので、この時点で
150キロの直球を投げれるピッチャーは
少数なわけです。

さらに、
150キロの直球を投げれたとしても、

年間20勝のピッチャーは
ほぼいないですし、

15勝のピッチャーですら
数名ほどです。

そもそも、
プロの選手に成れるだけでも、
相当に凄いことなんですよね。

プロ野球の世界に入るには
東大に入るより難しいと言われています。

入ったとしても
その中でまた高いレベルの
戦いになるわけです。

そんな高いレベルの中で、
結果が出せる選手に成るには、

本当に、本当に!
『一握り』の選手だけなのです。

私は治療家の世界も
厳しい世界だと思ってます。

モルフォセラピーは、
そういった憧れのプロの選手へ近づける
とても良い手法だと思います。

ですが、モルフォセラピーでも、
どんな手技であっても、

施術結果に個人差が出るのは
当たり前だと思っています。

モルフォセラピーを取り入れると、
今までのご自身と比較されても
凄い結果や成長はいくらでも出来ます。

ですが、周りの人が周知するほどの
レベルの高い結果は、

そうそう出せるわけでは
ございません。

考えてみて下さい。

誰でも難病が治せたら、
もはや難病では無いですよね(笑)

また野球で例えますが
150キロの直球を投げれたとしても、

活躍できる人(結果が出る人)と、
そうでは無い人がいるわけです。

それは、何故だと思いますか?

それは、『微差力』の差が
結果を出せるかに関係していると
私は思っています!

ちなみに私は年間を通して読書をしますが、
“微差力 斎藤 一人 (著)”
この本は正に『微差力』について書かれていて、
私の好きな本の1つです。

興味ある方は、
是非、読んでみて下さいね!

話を戻しますが、

皆様はプロとして
触診力、問診力、技術力、
診断力、総合力など…。

自分は完璧に出来ていると
思いますでしょうか?

もちろん、自信を持って
施術を行うことはとても重要です。

ですが、
実はそう思っている時点で、
『微差の力』を放棄したことに成ります。

モルフォセラピーは
とてもシンプルな手技です。

そのため、直ぐにマスターできた気持ちに
なってしまう方も多いかと思います。

ですが、
実際にモルフォセラピーにも存在する
『微差の世界』に突入しますと、

「ほんの僅かな違いで
 こんなにも結果が変わるのか!!!」

そのように気付くことが
出来るようになります。

特に基礎力の中でも、
解剖学力、触診力、視診力、病理学力。

この辺りの”力の微差力”が、
手技の微差を生むことが多いと感じます。

ちなみに基礎とは、

「それをより所として
 物事を成り立たせる大元」

だと思います。

治療の成果が得られなかった場合は、
大元で有る”基礎力”が足りていない
可能性が高いのではないのでしょうか。

良い結果を求めるのなら
これで良いと思わないことです。

結果を求める中で最も邪魔になるのが、

・分かったつもり
・この位で出来ているだろう

という不確かさです。

もしご自身の基礎力の中に、
分かったつもり、出来ているだろう
といったことが有るのでしたら、
そこは要復習のポイントに成ります。

私も常に復習をしながら、
モルフォセラピーが必要な方に、
モルフォセラピーを届け続けられるよう
ゴッドハンド通信の更新も頑張ります。

ですからモルフォセラピーに
興味ある治療家の先生は、

是非、学んで身に付けて貰いて
患者さんのお役に立てて頂けたらと思います。

それでは今回は、
これで終わりたいと思います。

今回も最後まで読んでいただき、
見ていただきまして感謝します。

これからも皆様のお役に立ちたい精神で、
情報発信と共に歩んでまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

有難うございました!

広江洋一

追伸

「この手技は”地球益”だ!」
「時短できて再現性が高い!」
「あらゆる症状にコレ1つで対応できる!」

多くの治療家の先生から
記録的な絶賛を受けたモルフォセラピーの
詳細はコチラからご確認下さい。

 ↓↓↓
>手技の詳細をチェックする

追々伸

今日本で一番アツい治療法、
あなたはもう手に入れましたか?

・34名の医師が学び、
 日本屈指の血管外科でも導入

・手術宣告を1万件撤回させた
 圧倒的な実績

・しかも、主婦でも再現できるほど
 やり方はシンプル。

こんな夢のような治療法を
現在、弊社史上最大の
大ボリュームで提供中。

DVD6枚+特典1枚の
計7枚で徹底的に手技を解説するから
イヤでも再現できる。

規格外のプログラムを
手に入れられるのは明日まで。

少しでも気になるなら、
あとで後悔しないよう、
今のうちに詳細をご確認ください。
↓↓↓

>今すぐ手技の全貌を確認しる!


※11/7(木)で完全に公開終了
 
 
 
 
 

Writer

広江 洋一

広江洋一 広江洋一の記事一覧

帝京医学技術専門学校柔道整復学科卒。

くに整骨院は多くの著名人の駆け込み治療院としても有名であり、その自費診療率は整骨院としては桁外れの95%を記録している。

活動は日本のみにとどまらず、世界中のバレリーナ・新体操等のスポーツ選手・精神疾患患者・不定愁訴患者・交通事故患者を治療。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 ゴッドハンド通信