ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 辻 亮

2015年必ず成功する手帳の書き方

1775 Views

こんにちは、Tsuji式PNFテクニック
の辻亮です。

久しぶりのゴッドハンド通信への
執筆です。

今回は「2015年必ず成功する手帳の書き方」
についてご紹介させて頂きます。

今年も残るところあと
僅かになってきましたが、

誰もが掲げる今年の抱負は
どれだけ達成できたでしょうか?

かくいう私も新年には色々と
1年間で達成したいことや、

今年はこのようなことをやってやろう!
と目標設定は必ずするようにしております。

いやむしろ、年明け前にそれは
設定完了しております。

毎年11月頃には翌年の手帳を
購入するようにしているので、

購入後はすぐに翌年1年間の
スケジュールを考えながら書き込むのです。

ですので、微調整が難しいご遠方から
来院されるクライアントさんに限っては、

 「来年のスケジュールを今書き込んでおりますので、
  確実に施術を受けたいのであればご予定を
  教えてください。」

とお伝えし、

結果、来年6月までは既にご予約を
頂戴しているわけです。

施術の予約が数ヶ月先まで確定していると
色々と他の予定も立てやすくなります。

もし、クライアントさんが変更希望されても、
すでに年間スケジュールが出来上がった後だと
なかなか変更も困難になってくるので、

クライアントさんも必ず
その予定に合わせて頂けます。

またTsuji式PNFテクニック関連の講習会を
日・祝中心に毎週実施しているのですが、

こちらは自分で決定するので
来年12月まで予定が確定しております。

要は5年、10年の目標は視点が高すぎて
ぼやけてくる部分もあるのでざっくりとしておき、

直近1年に関しては非常に具体的な
内容で手帳に書き込んでいるわけです。

これは私が自分自身でこの仕事を
スタートしてから10年以上続けている
習慣でして、

かなりの高確率でスケジュール通りに
動くことができております。

この連続により少しづつステージアップが
でき自身の形成につながっていきます。

ポイントは今年よりも
何か新しいことを加えたり、

または高いレベルのものを
書き込んでいくことだと思います。

ちなみに私は今年はトレーナーとして
は長年活動している

トライアスロン選手のサポートを
自身でも体感して選手の気持ちになってみよう!
ということで、

自分自身がトライアスロンの大会に
出場という無茶な目標設定をしておりましたが、
見事10月には東京の大会に出場し
完走することができました。

来年は既に5月のホノルルトライアスロンに
出場エントリーしておりますが、

これも新しい手帳を手にした時に
書き込んだ予定だったからです。

また、手帳自体にも少しだけこだわりがあって、
よくある日別、週別で分類されている
手帳は極端に嫌います。

なぜなら、ぱっと手帳を開いた時に
1日のスケジュールしか分からないからです。
(当然ですが・・・)

また、それが週別なら1週間単位、、、。

1日や1週間の予定などを細かく書き込んで
いったところでただのTO DO処理しているだけかな?と。

おそらく私たちの職種なら1日のスケジュールは
ほぼ予約台帳で管理できていると思われます。

TO DOやアポの予定はメモ用紙やスマホやグーグルカレンダーで
リマインダー登録して、忘れないようにだけしておいたらいい
と私は考えているからです。

ですので、最低でもぱっと手帳を開いた時に
1ヶ月単位くらいでスケジュールを俯瞰できる
ものが必要と感じるわけです。

よって、私の手帳は見開き1ヶ月単位で
書き込みができるものが1年分。

それしか使わないようにしております。

もっと、理想を言えば見開き1年でぱっと
年間スケジュールを俯瞰できるものがあれば
さらに目標達成の確率はあがるようにも感じます。

さすがに1年分になれば大きさの
問題があるので手帳としては難しいですが・・・。

売上も1日1日が大切ではありますが
月単位で判断する傾向があります。

自分自身の技術向上も1日1日が
大切ではありますがやはり月単位ですと、

どのくらい上達したか判断しやすい
かと思います。

また、それがクライアントさんのリピートとも
連動して明確になってくるのも月単位ではないでしょうか?

お給料も月単位。

家賃、光熱費、通信費、クレジットカード
などの引き落としも月単位。

そう、日本の私たちの環境は月単位、
そしてその連続で年単位という
サイクルが出来上がっていると感じてます。

以上の理由から、私も1ヶ月単位で
スケジュールを日々確認しながら、
様々な準備を行って仕事を進めて
いるわけです。

結果よりプロセス(過程)が大切だ!
という言葉がありますが、

院やサロンを運営していく上では、
プロセス(過程)も結果も大切だ!

という言葉の方がしっくりきます。

治療結果も売上結果も出ないと
存続自体ができないですから。

ですので、最高の結果を出していくためにも、
少しだけ視点を高い位置から自身の
スケジュール管理をしていくことで、
客観的に物事を進めることができます。

努力した分だけ結果としても導きやすく
なると自身の経験則から述べることができます。

まとめますと、

1日1日スケジュールは2次元(縦横)的視点、

1ヶ月単位になると3次元的(縦横&上)視点
で大局を掴むことができます。

また第3者からのオファーで
スケジュールを書き込むことのみならず、

自分自身でスケジュールは決定を優先し、
それに向かって準備を進める。

という事です。

手帳に書いた思いは
必ず実現していきます。

 「来年も世界で通用する手技を
  皆様へお伝えしていきます。」

と既に書き込んでます。

どうぞ皆様の来年の予定を年初に作り
手帳に書き込んでみてください。

そして御自身の夢や希望を
叶えてくださいね。

そしてどうぞ、皆様良いお年をお迎えください。

日本PNFテクニック協会 代表 辻亮

追伸

既に来年の半年先まで予約が埋まってしまう
必ず結果を出し患者さんに支持され続ける
辻先生の手技テクニックの詳細はこちらから
御覧頂けます。

↓↓↓
http://godhand-tsushin.com/tsuji

Writer

辻 亮

辻亮 辻亮の記事一覧

スポーツトレーナー、カイロプラクター、サロン・整体院経営者。独自のダイエットやトレーニング理論を構築し、自ら現場で施術も行っている。

サロンや治療院のプロのセラピストを対象としたPNFテクニックやワークショップ、各種経営セミナー、コンサルティングを展開し国内外で活躍している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 ゴッドハンド通信