ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 全身治療テクニック

 上原宏

【スグ使える!】DRT式巻き肩チェック<セミナー映像>

1554 Views

こんにちは。

DRT開発者、
日本DRT協会代表の上原宏です。

本日は患者様の巻き肩が改善されているか
どうかが正確にわかる

DRTオリジナルの巻き肩の指標を
皆様に公開致します。

先日開催したセミナーで指導をした映像を
今日はゴッドハンド通信読者の先生に特別に
プレゼントしますのでぜひご覧ください。

今すぐ使える簡単な方法なので
今日の臨床からお役立ていただけると思います。

これから映像をご覧になるあたり
重要なお話をいたしますので
是非最後までお読みくださいね。

さて、本題に入る前に
先生に質問です。

先生は巻き肩の治療は
どのようにされていますか?

肩周辺の筋肉に
直接アプローチする先生も多いかと思いますが

私が開発したDRT
ダブルハンドリコイルテクニックは
主訴に対する筋肉へのアプローチは一切なしで

背骨をわずか5分揺らすだけで
巻き肩を起こしている筋肉が
ユルユルになって可動域がグンっと上がります。

なぜならDRTは主訴を追わなくても

腰椎・頸椎ヘルニア、むち打ち
変形性膝関節症・変形性股関節症・狭窄症
からくる痛み、自律神経失調症からくる不快症状
リウマチ、クローン病やアトピー…

などの難治症状まで、
あらゆる症状が改善する治療法だからです。

このDRTが治るメカニズムを
ご理解いただくのに、

ルービックキューブが
分かりやすいかと思います。

面ごとに色をそろえていくパズルです。
昔流行りましたよね。

そのルービックキューブを
想像してみてください。

そして

患部に直接アプローチする治療は
ルービックキューブのひとつの面を
白に揃えているとお考え下さい。

ひとつの面は白にそろっていても
裏を見たらてんでんばらばらです。

コレは患部の痛みは取れても
身体全体は整ってない状態ですね。

ではDRTはどうなのかというと

6面全色を瞬時にスパッとそろえることが
できる治療法だとお考えください。

だからどんな症状であっても
改善できてしまうのです。

ということで話が長くなりましたが、

まずは
DRTオリジナルの巻き肩チェックで
ご自身の手技でどれだけ変化が出るかを
お試しいただきたいと思います!

丁度つい先日のDRTセミナーで
巻き肩の指標を指導した映像を
公開しますのでご覧くださいね。

実際、巻き肩患者さんは多いですから

この指標を治療前後にやるかやらないかで
先生の治療の価値の伝わり方が
まったく変わります。

追伸

じゃあ実際DRTならどれだけ
変化がでるの?

と思ったあなた。

もちろん今すぐDRTを
無料でお試し頂けますよ!

以下のリンクをクリックして
今すぐDRTの効果を実感してください。
 ↓↓↓
>無料でDRTを試す

上原先生の過去の記事はコチラから

上原先生が過去紹介した手技や検査法をチェックしたい方は
下のURLからチェック↓

>上原先生の過去の記事はココをクリック

Writer

上原 宏

上原宏 上原宏の記事一覧

背骨を揺らすだけで難病まで改善する手技、DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)の開発者。
お茶の水カイロプラクティック院長、また日本DRT協会代表。
受付もなしの完全1人治療院で、月商400万円、年商3500万円を売り上げる。

カイロプラクティックを軸に27年間の研究の末、2003年に背骨を揺らすだけで自然治癒力を取り戻し、痛み、難病を改善する手技、DRTの開発に成功。2014年の公開以降、実に24,000人以上の治療家がこの手技を学ぶ。

治療効果の高さから、脳・心臓外科医、歯科医、獣医師、大学教授など…医学のエキスパートたちまで彼の噂を聞きつけて次々と来院するほどであり、2017年には医学学会でもDRTの有効性が認められた。
現在はセミナーを定期的に開催し、3000人を超えるDRTインストラクターを輩出している。整体界の巨匠。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 ゴッドハンド通信