ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 美容テクニック

 利光 正

【ビデオ】”一次呼吸”を使った小顔矯正テクニック

1547 Views

From:利光正

ゴッドハンド通信読者の先生方、
おはようございます!

整骨院開院29年目、
美容整体歴13年、

【3時間睡眠(時には90分)】
の超ショートスリーパー、

利光整骨院・ボディバランス大分
代表の 利光 正です。

さて、今回は前回好評だった
「小顔矯正のpart2」として

【蝶形骨調整と頭蓋骨の一時呼吸
 を利用した小顔アプローチ】

をご紹介させて頂きます。

まずご存知のように、蝶形骨は、
他の頭蓋骨全てとつながっている為、

頭蓋骨を効果的に動かすには
ここからスタートすることが多いです。

この蝶形骨を3次元で可動させることで
頭蓋全体の動きを改善し

SBS(蝶形後頭底結合)の屈曲伸展を
スムーズにすることで

いわゆる脳脊髄液の流れを促進します。

これにより、頭蓋の内圧が減り
膨張していた頭蓋骨がゆるむと
小顔効果(本来のサイズ)も期待できます。

言葉で聞いても難しいと思いますので、
まずはコチラから映像をご覧ください。

 ↓↓↓

文章でも、手技のやり方を
お伝えしていきますね!

1、患者仰臥位、術者は患者の頭方に位置する。

術者の2,3手指腹を、
患者の蝶形骨両側に当て、
動きの左右差を確認する。

2、同様に、上下(頭方と足方)と
前後(天井と床方向)の動きの
左右差を比較する。

3、動きの悪かった3方向へのベクトルを合成
(最初に動きにくかった方向圧をキープしたまま
他2つの動きにくい方向圧を重ねる)

その状態でゆるんでくるのを待つ。
(圧が強すぎないよう注意)

4、拮抗された抵抗圧のゆるみ(リリース)
が感じられたら手をゆっくりと放す。
(約30秒~1分)

5、次に、術者の両手掌で患者の頭を
側方からそっと把持し、

母指腹を前頭骨、他の4指をそれぞれ、
蝶形骨、顎関節乳様突起、後頭骨に
大まかにあてがい、
両手均等圧にて頭蓋骨全体を把持する。

6、患者の肺呼吸とは別に、頭蓋骨自身の
動きの振幅(拡張と収縮)を感じ、
左右の動きの差やリズムを比較する。

7、左右の動きが整うまで力を入れずに待ち、
全体的に同じ振幅のリズムになれば終了、
頭の大きさを術前と比較する。

以上です。

動きのアンバランスが、中々整わない場合は、
頭蓋骨一つ一つの動き(又は頸椎)
をチェックしてみてください。

本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

それではまた~

利光整骨院・ボディバランス大分
利光 正

追伸

・病院で手術宣告された
 50mも歩けない患者さんが
 3kmも歩けるようになった

・医師やカイロプラクターが
 「歳のせい」と諦めた
 重度の手のシビレと頭痛が
 1回で消失した

・いくら筋肉アプローチしても
 全く緩まない岩盤のような筋硬結が
 たった数分でスポンジみたいに
 柔らかくなった

これらの臨床例は、

全国の治療家さんが
ある治療法の映像を見ただけで
1ヶ月以内に出したものです。

見てマネするだけで
短期間で大きな結果を
出せる治療法とは?

その全貌が1週間限定で
公開されているので、
今すぐ以下のURLをクリックして
詳細をご覧ください。
 
 ↓↓↓
※8月30日(木)23時59分を過ぎると公開終了です

 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信