ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 利光 正

【ビデオ】3分で”うしろ姿美人”をつくる姿勢形成アプローチ

998 Views

From:利光正

ゴッドハンド通信読者の先生方、
おはようございます!

整骨院開院29年目、
美容整体歴13年、

【3時間睡眠(時には90分)】
の超ショートスリーパー、

利光整骨院・ボディバランス大分
代表の利光正です。

さて今回の、『美容整体動画・第18弾』は
好評の「姿勢矯正シリーズ・part6」として

【後ろ姿美人へのアプローチ】

をご紹介させて頂きます。

魅力的な女性は、「整った顔立ち」
はもちろんですが、

「均整のとれた後ろ姿」に惹かれる
男性も多いのではないでしょうか?

そういう普段は目立たない所に
手間暇をかける女性ほど、

部分的な整形手術では叶えられない
「魅力的なスタイル美人」を
ゲットできると考えます。

その為の効果的な手法として

背部の、
肩甲挙筋、大小菱形筋、広背筋に
等尺性収縮をかけることで、

筋肉本来の柔軟性と機能が高まり、
姿勢形成に影響がでます。

詳しくは映像で解説しましたので、
コチラよりご覧ください。

 ↓↓↓

文章でも、手技のやり方を
お伝えしていきますね!

映像とあわせて
ぜひ参考にしてください。

①「指標」として、

肩関節90度前方挙上、
肘関節90度屈曲位

肩関節を水平内転し、
前腕尺側面同士を密着する。

前腕同士が離れないように
両肩関節を上がる所まで挙上する。

この時の全体的な可動性と
左右差を評価する。

②可動域の少ない側を上にした側臥位で、
股関節、膝関節を軽度屈曲位、

肩関節90度屈曲位を保持させ
術者の足で頭方に抵抗をかける。

③その肢位で拮抗させたまま、
術者は、肩甲挙筋、大小菱形筋の
起始と停止部を引き離すよう
スライドをかける。

④次に患者の手掌を後頭部にあて、
肩関節を内転させ、

術者は頭方手で患者の肩部を把握し
前上方への動きを深める。

⑤術者足方手をASIS部にあて
患者に腰を前に出すよう指示し
その動きに同じ力で抵抗を加える。

こうして、5秒間の等尺性収縮運動を
3回繰り返す。
(徐々に抵抗圧を強める)

⑥術前の指標の動きをとらせ
可動性の改善を比較する。

以上です。
左右差がない時は両側に行なってください。

映像でも詳しく解説していますので、
よろしければ映像と一緒に
ご覧になってみてくださいね。

 ↓↓↓

本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

それではまた~!(^^)!

利光 正

追伸

【明日で公開終了】

今まで誰も着目しなかった
“ある部位“を指一本で緩めて

リウマチなどの難病から
痩身、パフォーマンスアップまで

あらゆる症状に効果を出す
神業の全貌を公開

↓↓↓

※5/29(火)までの限定公開

 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2018 ゴッドハンド通信