ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 利光 正

【オンライン手技映像】女性患者が増加する!●●美人になる腸腰筋アプローチ

1458 Views

ゴットハンド通信、
愛読者の先生方

こんにちは!

 

美容整体歴13年
(整骨院開院28年目)

利光整骨院・ボディバランス大分
代表の利光 正です。

 

私の地元大分でも、
桜が満開になってきました。

 

なぜ桜を見ると花見で
飲み食いする予定がなくても
何となく嬉しくなるのですかね~(*^-^*)

 

ちなみに私の住む、
マンション2階のベランダからは
満開の桜を目前に
眺めることができます。

 

ここ何年も花見には
行っていませんが
それだけで満足しています。

さて、早速本題に
入っていきますね。

 

温かくなるにつれ
嬉しい事が多い反面、
ボディラインに悩む女性にとって

寒い間に厚着で隠してきた
肌の露出や、気になる体型の
くずれが露になってきます。

 

美容をメニュー化している
院やサロンにとっては
まさに稼ぎ時の時期です。

 

まだ美容整体を取り入れていない所は、
この時期が始める
ベストなタイミングと言えます。

 

来院者の大多数を占める
女性客が抱え持つ

「美と健康の悩み」

を解消させてあげることで
確実に収益アップが可能です。

 

美容メニューで
分からない事があれば
お気軽にお問い合わせ
くださいませ~(^^♪

 

さて今回も好評を頂いております

 

動画はこちら
 ↓↓↓

 
【美容整体手技動画・第6弾】

をご紹介させて頂きます。

 
前回は「股関節深層外旋六筋」の一部

・梨状筋
・双子筋
・大腿方形筋

の走行に沿って押圧をかけ

股関節の内旋運動(等張性収縮運動)の時に
軽度抵抗をかけながら、
骨盤を引き締めていく手法を
ご紹介させて頂きました。

 
前回の記事はこちらから
ご覧いただけます。
↓↓↓

https://godhand-tsushin.com/?p=1824

 
今回も同様に、
骨盤や脊柱を前面から支え
正しい姿勢保持には欠かせない

「腸腰筋」

に抵抗をかけつつ、骨盤の傾斜や、
腰椎のアライメントを整え
スラリとした姿勢美人へと導く手法です。

 
【手技内容解説】

1.
患者側臥位で、股関節、
膝関節を軽度屈曲させる。

 
2.
術者は患者の背側に立ち、
足方手の手掌で上にした足の
膝関節部を内側から支え持つ。

 
3.
頭方手は、胸腰椎移行部付近から
反対側(ベット面側)の関節突起部に
軽く曲げた2~3指の指腹を当てる。

 
4.
まず術者は脱力した患者の股関節を
伸展しながら、下肢を後方に引き
可動域を確認させる。

 
5.
患者に、軽く抵抗を
かけてもらいつつ
股関節を屈曲位から
伸展位に引いていく。

 
6.
この際、頭方手の手指で
椎間関節面に
軽く押圧をかけておく。

 
7.
これを3~5回ほど
繰り返し頭方手での押圧を
下部腰椎へと移動していく。

 
8.
終了後、患者に脱力した状態で
下肢を後方に引き、
股関節の可動域の拡大を
手技前と比較させる。

 
以上です。

 
前回と同様、
患者さんの抵抗は「最小限」とさせ、
力比べにならないよう
注意してください。

 
この手法は美容系はもちろん、
骨盤傾斜や腰椎のアライメントも
整えるので治療系にも活用できます。

 

ぜひ試してみてください。

 
それでは、次回をお楽しみに~

 

利光 正

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信