ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 宮本 啓稔

睡眠時間を1時間にする方法!!(パート2)

1632 Views

皆さんこんにちは!
 
 
ゴッドハンド通信
(月2回担当)の
宮本啓稔です。
 
 
前回のお話までで
皆さんがギモンに
思われる事。
 
 
それは
 
1、
「そんなに言うなら何で
 こんなデメリットばっかりの
 睡眠なんか人類はとってるの?」
 
 
2、
「イヤイヤイヤ!
 でも寝ないとすっげー
 疲れるんですけど!
 
 グッタリしちゃって
 アタマもボーっとするし
 仕事なんかできる状態じゃ
 なくなるんですがー。」
 
 
の2点なのではないでしょうか。
 
(ま、私も講義を受けていて
 そう思ってましたし。)
 
 
================
人間はそんなに寝る必要はない?!
================
 
 
まずは、
 
「人類は、そんなに必要ない
 はずなのにナゼ長時間の
 睡眠をとっているのか?」
 
という疑問から。
 
 
理由は2つあります。
 
 
まず第一に、
「夜を飛ばす」為です。
 
 
原始時代は日が暮れると
真っ暗なので、

夜に起きてその辺を歩いていたり
すると非常に危険でした。
 
 
だから自らの安全を守るために
体を睡眠状態にさせておく
必要があったのですね。
 
 
第二の理由は、
「省エネ」の為です。
 
 
限られた食料をムダがない
ように活用するためです。
 
 
しかしこれだけ食べ物が
溢れた現代では、
 
そんな必要は
まるで無いですよね。
 
 
一番目の
「安全性」についても、
 
夜でも煌々と町中に電気が
ついている日本のような
治安の良い国であれば、
 
意味のない事。
 
 
なので、”本当は”
 
人間にとって
ここまで長時間の睡眠は
必要ないのだそうです。
 
 
=============
でも寝ないと
すっげー疲れるんですけど!
=============
 
そーそーそー。
 
 
多くの人が短時間睡眠に
踏み切れない理由。
 
 
それが、この
 
「寝ないと凄く疲れが溜まって
 集中力が無くなり
 仕事にも支障をきたす!」
 
という部分なんじゃ
ないでしょうか。
 
 
これについての解答は
前回のメルマガで
 
ほぼ!
 
しちゃってますよね。
 
 
つまり、
身体的な疲労。
 
 
「静止疲労」
 
「動的疲労」
 
ともに、その回復法は
睡眠を摂る事とは関係がない!
 
という事です。
 
(ガガーン!
 
 ・・・・・。
 
 といいますか、
 
 私は初めてこれを
 講師の先生からお聞きした時に
 
 本当に、頭から落雷が落ちた
 かのごとくショックを受けました。)
 
 
 
でも・・・。
 
でもでも・・・・。
 
でもでもでもー!
 
 
「じゃあそしたらあの
 ”眠くてたまらない
 グッタリした感覚”
 ってなんなのー!」
 
って思いますよね。
 
 
そんな私の考えも、

講師のH先生
(創始者のお兄さんです。)
 
→創始者のHR先生に
「彼は天才だよ・・・。」
と呼ばれた男。
(おおー!何かカックイー!!)
 
は一蹴されました。
 
 
と、今回はここまで。
 
 
全体公開向けのメルマガでは
残念ながらここまでしか
お話しできません。
 
(他の50万円支払った
 受講生の方々に悪いしね・・。)
 
 
もし、どうしても
続きがお聞きになりたい方は

以下の
ゴッドハンドメルマガの
アドレス宛にご感想を

ご自分の今までの
睡眠に対するお考えと共に
メールをください。
 
 
誠意ある方に個別にお返事を
書かせて頂きたいと思います。
 
(「伝える人間は選ばないと。」
 って昔、形意拳のS先生も
 おっしゃってましたしね。)
 
 
ゴッドハンド通信感想文送り先

info@t-marketing.jp
 
 
 
あ、そーそー。
 
 
このメソッドの創始者
 
「HR先生」
 
についてのお話も
 
ここで少しだけ
お伝えしたいと思います。
  
 
 
=============
開発者:HR・D先生
=============
 
HR先生は平均なんと
1日15分しか眠らない
そうです。
 
 
さらに本当に短い時は、
わずか30秒の睡眠時間。
 
 
(”マイクロスリープ”
 というのですが、
 
 先生は、その状態を
 1ヶ月間続けたらしいです。)
 
 
もともとは
 
「速読」を教えていたそうなのですが
その能力を生かして睡眠関係の本
(主にアメリカの)
7年間で700冊!
 
読破してこのメソッドを
作り上げたとの事です。
 
 
【あとがき】
 
今回書いたもの以外にも
 
「じゃあ”寝ている間の記憶の定着”
 はどーなるの?」
 
とか
 
「成長ホルモン
(つまり体の修復ホルモン)
 の問題はどうなるの?」
 
あるいは
 
「”7時間睡眠が一番寿命が長い!”って
 お医者さんが言ってますけど?」
 
などの疑問がドンドン
湧き出てくるとは思いますが
 
それはまた皆さんからの
ご要望が多ければお伝えします。
 
 
 
→こういった一見、
 キチンと検証されているような
 
 いわゆる
 「医学的な見地に基づいたデータ」
 
 というのも実は、
 調査費用や研究費の出資元は
 寝具メーカーや睡眠薬の会社
 だったりする事が多いという事も
 
 読者の皆さんには
 知っておいて欲しいものですね。
 (これは最大のヒントです。)
 
 
講座名や参考文献も
メールでメルマガの感想と共に
お送り頂ければ
全てお伝えいたします。
 
 
では、今回はこの辺で。
 
(異論・反論は色々あると思いますが
 よろしければ、その辺はメールにて
 以下のアドレスまで
 
 よろしくお願い申し上げますね。
 
 「質問」なんかもオッケーよ。
 →私が応えられる範囲ですが。)
 
 
それと
 
皆さんからのご希望が
多ければ発表!!
 
 
しよーと思っていた私の

「”裏奥義”
 私が本当に伝えたかったこと!」

なのですが
特に読者の方々からの
ニーズが無いようであれば
 
世には出さずに
永遠に私の心の中に
格納しておく予定です。
 
 
もし
「どんなのか興味ある!」
と思われる方は
この機会にご意見・ご感想を
ぜひどーぞ!!!
 
 
ゴッドハンド通信感想文送り先
 ↓↓↓
info@t-marketing.jp
 
 
宮本啓稔
 
 
 
追伸
 
 
今日のお話はいかがでしたか?
 
宮本先生のお話にあった
記憶の定着や成長ホルモン、
睡眠時間と寿命の関係についてなど…
 
今すぐ詳細が知りたい!!
という方はぜひこちらを
チェックしてみてくださいね。
 ↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/1b6VKCN1
 

Writer

宮本 啓稔

宮本啓稔 宮本啓稔の記事一覧

治療家歴17年。
新宿西口治療院の院長

平成11年 日本鍼灸理療専門学校を卒業
国家資格(針灸・マッサージ師)取得
渋谷整体センター勤務
平成12年 西新宿治療室勤務
平成15年 新宿西口治療院開業

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2024 ゴッドハンド通信