ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 宮本 啓稔

治療の奥義その5 “骨膜” パート4

1387 Views

皆さんこんにちは!
ゴッドハンド通信の
宮本啓稔です。

前回のメルマガでは
人体に存在する
「膜の重要性」

「骨膜」
について
お話しをしたんでしたよね。

これが
“私が思う治療の奥義その5”
の大きな土台とも
なっている。

→いつの間にか
 この”私が思う”っていう
 部分が消えちゃってますね。
 すみません。 

 皆様、どうぞよろしく
 お願い申し上げます。

 

今回はもう一つの疑問点。

疑問点その①
「何故、講習会などで
 Y先生は私が普段、臨床で
 治せないような患者さんを
 いとも簡単に治せるのか?」

についてお伝えさせて
頂きますね。

私が以前、出席させて頂いた
Y治療法のセミナーの時・・・・。

最初に
モデル患者さんの
“体の歪み”
を受講生の皆で
確認していく訳です。

で、当然
講師のY先生も
触診する。

と、そこで
Y先生・・・・。

「おーっとと。
 おっと。」

「あんまり
 ”私が触っちゃ”いけない。」

「私が触るだけで
 グーッて骨が
 動いちゃうから。」

→頬骨の辺りを触りつつ。

ネタをばらせば
こんな感じです。

(ネタと言いますか・・・。)

治療家として
大事な要素。

“エネルギー”です。

(治療の奥義その3ね!)

治療の勉強を
進めて行く上で
非常に気を付けないと
いけない部分ですね。

でないと必ず
「先生は出来るのに
私がやると効果出ないー!」
(同じようにやってるハズなのに。)

という恐るべき袋小路に
ハマり込んで
しまいますからね。
(私もずーっとこうだったから
分かる・・・。)

特に”伝説”と呼ばれる
ような先生の達人技
などは皆そーですよ。

大事なものは
“表に現れない”
から分からなくなっちゃう
んですよね。

例えば
SOTの
スクープテクニック
など、いくら掬う時の
「手の角度」
「スピード」
「圧の強さ」
あるいは
「治療順序の組み合わせ」
などを研究してみても

“そこに答えは無い”
んです。

有名なのは
N整体のNH先生。

弟子
「顎関節の治療法は
 どうされるんですか?」

NH先生
「アゴに対して”53度”
 の角度で手刀を
 振り下ろす。」

→これ・・・・。(笑)
 一体、誰がどうやっても
 例え分度器で正確に測って
 レールを作って
 そこに合わせるように
 手刀を打ったとしても
 絶対に治るワケないですよね?

あとは

弟子
「何故、先生はTELに
 出る前に、誰から電話が
 来たのか分かるんですか?」

NH先生
「鳴る時の”音”が違う。」

(イヤイヤイヤ。
 んなワケないっつーの!
 NH先生、茶目っ気あり過ぎ
 です。)(笑)

Y先生は手からメッチャ”気”が
出ていた。
(練功をして鍛えていたのか
 生まれつき持っていたのか
 分かりませんが。)

エネルギーが凄いから
理屈に合わなくても
それで治っちゃう
(部分がある)
んです!

「”気”ぐらいで、そんなに
 物理面・現実面で影響を
 及ぼすほどパワーあるのぉ?」

と思った方ー!

あるんです。

・・・・。

・・・・・・・。

あるんですよ。
(フッフッフ。)

例えば私の例で
言いますと。

ある世田谷の
“レジェンド”
と呼ばれる大先生
(超カリスマ治療家)

とお電話した時のお話。

2~3分くらい話していて
いきなり携帯が切れちゃった
んですね。

「あれ?」

30秒くらい、何度コール
してもかからない。

宮本
「あ!やっとかかった。」

世田谷のМ沢先生
「ゴメン、ゴメン。
 失礼しました。
 いきなり切れちゃったね。」

宮本
「すみません。
 なんかイキナリおかしく
 なりましたよねー。」

世田谷のМ沢先生
「そうだね・・・。」

「でさー、先生。」

宮本
「はい?」

世田谷のМ沢先生
「宮本先生
 何か”持ってる”でしょ?」

宮本
「えー!」
(超ビックリ!!)

世田谷のМ沢先生
「だって、俺の携帯
 壊れた事ないもん。
 こんな風に。」

宮本
「そーなんですよ。
 私、電化製品が
 よく”おかしくなる”
 んです。」

世田谷のМ沢先生
「だよねー。」

宮本
「そういえば、以前
気功のМ先生に

 ”私って
 良く電化製品が
 壊れるんですよ。
 多分、気のパワーが
 上がってるからだと
 思うんですけど”

 って言われた事が
 ありますー。」

世田谷のМ沢先生
「凄いね、先生。」

宮本
「いえいえいえいえいえいえ。
 私などのような者に
 勿体ないお言葉を・・・。」

→イヤイヤ・・・。そーゆーのに
 すぐ気づく、М沢先生の
 超絶カンの鋭さの方が
 私はビックリですって。
 余談ですが、カリスマ系の治療家の
 先生って異様に”ツボ”を押さえた
 と言いますかカンの鋭い人が
 多い気がします。
 鍼を200本打つK堂の先生
 とかもそうでしたし。

世田谷のМ沢先生
「何で先生レベルの人が
 ウチに来たの?
 俺の何が良かった?
 どこに惹かれたのかな?」

宮本
「それは・・・・・。」

おおーっと!
イカンイカン。

カンケーない話に
脱線するトコでした。

つまり言いたい事は
気のエネルギーが
ある一定以上
上昇していくと

物質面にも
影響が出るように
なってくる!
っつーコトです。

(おもしろい!
 超面白い!!)

だから治療面においても
物理的に、変化を起こせるように
なってくるという事なんですね。

私程度でも
こういった事は
色々起こって来ているので

皆さんはもっと
沢山、スンゴイ事が
起こっているんじゃ
ないですか?

このゴッドハンド通信
の読者の方の中には
“かなりのレベル”の方
もいらっしゃるようですからね。

(寄せられた感想文読めば
 分かります!)

さて次回の「奥義その5パート5」では
1、私が骨膜に注目する
きっかけになった出来事

2、以前お話ししてご要望の多かった
「頬骨の矯正法」

ついて、お話を
させて頂ければと存じます。

このメルマガをお読みの方々
すべての人に!
最高の幸せが
舞い降りますように!!

グッドラック。

私のゴッドハンド通信の
「過去のメルマガも読んでみたい!」

と思われる方は

こちらからバックナンバーを
ご覧頂けます。
↓↓↓
https://godhand-tsushin.com/author/miyakei

ゴッドハンド通信感想文送り先

info@t-marketing.jp

Writer

宮本 啓稔

宮本啓稔 宮本啓稔の記事一覧

治療家歴17年。
新宿西口治療院の院長

平成11年 日本鍼灸理療専門学校を卒業
国家資格(針灸・マッサージ師)取得
渋谷整体センター勤務
平成12年 西新宿治療室勤務
平成15年 新宿西口治療院開業

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信