ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 辻 亮

ゴッドハンドが日本の経済成長の鍵になる!

1772 Views

こんにちは、
Tsuji式PNFテクニックの辻亮です。

本日は
『ゴッドハンドが日本の経済成長の鍵になる!』
というテーマでお送りさせて頂きます。

先日安倍晋三首相は、2020年の
東京オリンピックの開催までに
日常的な介護なしで暮らせる
「健康寿命」を1歳以上延ばす
などの目標を掲げました。

これは健康医療戦略推進本部の会合で

「健康寿命社会の現実はわが国の急務。
政府一体となって推し進める。」

とのこと。

しかし、なぜこれを経済戦略として
急務なのか?

日本は世界でみても
断トツの長寿大国。

現在、男(111歳)女(116歳)共
に世界長寿者として、ギネス認定
されているのも日本人です。

されど、介護不要で生活できる
健康寿命に関しては、平均年齢
より約マイナス7歳になっており、

言い換えれば余生7年間は
要介護状態ということに
なるわけです。

欧米各国では平均寿命と健康寿命との差が
日本より下回っている国が多数あります。

要するに日本は手厚い医療制度によって
生かされているという現実問題!?

さらにその背景には医療保険制度による
膨大な国家予算が投入されているわけです。

この先も続く少子高齢社会において
この問題は急務であり、

健康寿命を延ばす=国益という方程式
が成立していくのです。

医療分野における研究開発による
プロジェクトを進める一方、

実は健康産業、予防医療による
マーケット拡大がこの問題の
重点となります。

フィットネス、サプリメント、
そして治療院業界においても、

医療機関に関わる前に未然に病気、怪我を
予防する技術こそ今一番求められているのです。

ますます保険適用の幅は
狭まっていく中で、

先生方の実費での施術による健康増進、
予防医療が今後の日本の経済成長戦略
の切り札になります!

そう遠くない未来。

医療保険を使わない実費施術を
している院にこそ、助成金や補助金
による手厚いサポートが国から支給される・・・。

ある意味至極全うで明るく健全な
地域社会の構築に、必要なことかも
しれないですね。

10年、20年先を見据えて、これから
取り組んでいくべき課題が私たちには
多々あるのではないでしょうか?

長文失礼しました。

お忙しい中、読んで頂きまして
ありがとうございました。

辻亮

追伸

国家命題!

健康寿命を延ばす手技として
患者の神経を鍛えてQOLを向上
させる神経トレーニング

Tsuji式PNFテクニック
はとても有効です。

↓↓↓↓↓
http://t-marketing.jp/tsuji_pnf/

Writer

辻 亮

辻亮 辻亮の記事一覧

スポーツトレーナー、カイロプラクター、サロン・整体院経営者。独自のダイエットやトレーニング理論を構築し、自ら現場で施術も行っている。

サロンや治療院のプロのセラピストを対象としたPNFテクニックやワークショップ、各種経営セミナー、コンサルティングを展開し国内外で活躍している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 ゴッドハンド通信