ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 辻 亮

【オンライン指導映像】5分でカンタンに腰痛を改善するテクニック

1256 Views

↓【オンライン指導映像】瞬時に腰痛を改善するテクニック!↓

 

こんにちは、Tsuji式PNFテクニックの辻亮です。
今回は「腰痛改善」をテーマにご紹介させていただきます。

・短い施術時間
・アプローチ方法の難易度も低く
・結果が出る

5分もあれば完了するテクニックですので、
ぜひお試しください。

ポイントは「腰の回旋運動」です。
ですが、実のところ腰椎はほとんど可動しません。
可動しても5~7°程度です。

なぜ可動しないかというと、
可動できない構造だからです。

しかし、腰回旋という動作が
存在している理由は以下となります。

頸椎、胸椎、肩甲骨、肩関節、股関節などの
各関節を連動させながら、
腰は回旋しているように見えるのが理由です。

これらは深部では、
~~~~~~~~~~
多裂筋、
腰方形筋、
大腰筋、
腸骨筋、
脊柱起立筋、
~~~~~~~~~~

浅部では、
~~~~~~~~~~
広背筋、
外腹斜筋、
腹横筋
~~~~~~~~~~
などの体幹全体の筋肉を総動員しています。

これらに刺激を入れて
筋肉と神経のつながりをよくします。

短時間で脊柱が安定してくるので
腰痛改善、予防につながります。

高負荷、ハイスピードで腰の回旋運動を
行うのは腰へのリスクが高すぎます。

 

野球、テニス、ゴルフなどの
スポーツ競技はこれにあたります。

 

しかし、低負荷、スロースピードで行う今回の手技では、
たった1回でも症状が大幅に改善します。

 

・腰の回旋運動をゆっくり左右に行って、
どちらに回すと痛み、または可動域制限があるか確認してください。

 

・痛み、または可動域制限があれば、
そうでない方向からのアプローチを先に行ってください。

 

・ゆっくりと無理せず、低負荷で行ってください。
(スピード、力重視ではない。)

・可動範囲全体で動かしてください。

・股関節の動き(外旋)が大きくなりすぎないように注意する。
(股関節のみの運動となるため。)

・Tsuji式PNFは筋肉と神経をつなげて、再教育するシステムです。

・施術中に痛みが強くなる場合はすぐに中止してください。

・腰痛の原因は様々ではありますが、
骨折や、激しい神経圧迫でない限りは効果があります。

 

ぜひシンプルなものからトライしてみてください。

 

これにより患者さんへの信頼感と、
手技の差別化ができるので、集客、リピートにつながります。

 

辻でした!

 

追伸

 

Tsuji式PNFテクニックを現在の手技に
組み合わせていくことで、

今まで解決できなかった
問題解決ができます。
↓↓↓
https://t-marketing.jp/tsuji_pnf/

 

——PR———————–

遂に公開! マネするだけで簡単に
月商1800万超の繁盛院グループ
がやっている売上アップを実現!

最短の時間で最大限の売上アップを
実現することが可能です。

↓↓↓

http://www.itm-asp.com/cc/10104/2CV011C3

——————————

Writer

辻 亮

辻亮 辻亮の記事一覧

スポーツトレーナー、カイロプラクター、サロン・整体院経営者。独自のダイエットやトレーニング理論を構築し、自ら現場で施術も行っている。

サロンや治療院のプロのセラピストを対象としたPNFテクニックやワークショップ、各種経営セミナー、コンサルティングを展開し国内外で活躍している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2021 ゴッドハンド通信