ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 宮本 啓稔

治療の奥義その5 “骨膜” 最終回

596 Views

皆さんこんにちは!

 

ゴッドハンド通信
(月2回担当)の
宮本啓稔です。

 

今回で「奥義その5 骨膜」
は最終回。

 

前回は私が今まで
受けた事のある
様々な鍼治療の中でも

 

ダントツに凄かった
(私がスゴイと思った)
200本打つ先生の
お話しでした。

 

「効果も凄いんだけど
値段もスゴイ!」

 

「100本以上打つ
多数鍼と超痛い整体!」
(危険!真似するな。)(笑)

 

「患者さんを
“面白ポーズ”にして治療。」

 

「毒舌。」

 

・・・・で。

 

あともう一個
凄いトコは?

 

ってな感じでしたね。

 

では続きから行きます。

 

宮本
「考えてみるとね。
菜々香ちゃん。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「はい?」

 

宮本
「スゴイ経営効率だよね。
この先生。

 

だってさー。

 

一人治療費が2万で
30分で2人回せたら
ベッドが2台なので

(4万×2台=8万)

 

1時間で8万の
売上でしょ。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「時給8万!ですかー。

 

確か売れっ子キャバ嬢が
時給8000円。

 

ナンバーワンクラスが
時給10000円
ですもんねー。」

 

宮本
「菜々香ちゃん・・・。
ナゼそんな事を。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「テレビで、この間
やってましたー。」

 

宮本
「あ、そかそか。
イヤイヤ、ビックリした。

 

おっと、それから
前回言ってた
もう一つ凄い部分。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「待ってました!」

 

宮本
「この先生、最盛期には
(今はそこまで
やってないらしいけど。)

 

“朝の7時”から
“夜中の12時”まで

 

治療してたらしいんだよー。
(最高記録は夜中の2時・・・。)

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ウゲゲー!」

 

宮本
「つー事はだよ?

 

朝7時からお昼と夜に
2時間の休憩を
取ったとしても。

 

15時間労働!」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「うっわー。」

 

宮本
「15時間×8万円
=120万!
(1日の売上)

 

ま、これの少なく見積もって
半分だったとしても・・・。

 

1日60万円。

 

週休2日で働いたとして
月に実働22日で。

 

60万円×22日
=1320万円
(月の売上)

ですよー。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「凄すぎますね。

 

それでも半分の計算
ですもんね。

 

いやー、治療家って
儲かるなー!」

 

宮本
「この人は、特別でしょー。

 

フツーは一人6000円で
1時間に2~3人でも
スゴイ方なんだから。

 

でも
日本の総理大臣の
平均年収が
5100万円だから
月収425万円。

 

(千葉の大先生は
これくらい稼いでる
という噂がありますが・・・。)

 

その”3倍”は軽くイッテる
もんねー。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「宮本先生・・・。

 

治療の話の時の
“倍”くらい目が
輝いてますが。」

 

宮本
「イヤイヤ。
何を言うんだね!

 

ま、とにかく
いろんな意味で
ビックリした体験でした。

 

で、あと何だっけ?」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「鍼に敏感な先生が
何故、置鍼の時に

 

気持ちよくスカーンと
寝ちゃったか。

 

ってその秘密は?
ですよー。」

 

宮本
「あー、そっかそっか。

 

なんかねー。
この先生に鍼を
打ってもらったら

 

“身体の緩み方”が
全然違ってたんだよね。

 

フツーの鍼と比べると。
すっごい緩むの。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ふむふむ。」

 

宮本
「で、聞いたんだ。

 

『先生、すごいスピードで
鍼を打たれてますけど・・・。

 

何を目標に(狙って)
打ってるんですか?』

ってね。

 

そしたら何て
言ったと思う?」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「うーん。やっぱ
ツボじゃないですか?」

 

宮本
「いや、違う。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ええー!!」

 

※ってな感じで
盛り上がってきた所で
続きは、また次回!!

 

・・・。

・・・・・。

・・・・・・・・・。

 

と、思ったら
今回が「最終回」でした!

 

↓続きです。

 

宮本
「いや、違う。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ええー!!」

 

宮本
「その先生が言うにはね。



先生
「オメーは
何を狙って鍼をうつんだ?」

 


「えええ?いやあの。

ええっと。

 

やっぱり脈とか腹診
舌診断、火穴の状態などから

 

導き出された症に
対応する五行穴とか・・。
(ウンタラ、カンタラ・・・。)

 

あと最近覚え始めて
やってるのは
“トリガーポイント”
でっす!(エッヘン!)」

 

先生
「オメー、筋肉なんか
緩めるの簡単だろ?」

 


「へ?
あ、ああ・・・。ハイ。

 

(極力逆らわないように
しとこーっと!)」

 

先生
「そこじゃねーんだよ。
大事な所は。

 

大切なのは”骨”だ!

 

俺は”骨”を狙って
打ってるからよ。」

 

・・・・・・。

 

いかがでしたか?
皆さん。

 

これから、もー。
すったもんだ
色々ありましたが。

 

これが、私が
後に”骨膜への治療”
へとたどり着く

 

きっかけとなった
全貌です。

 

たったコレだけのヒントで
骨膜の概念まで
たどり着くって

 

私って凄くない?
ねーねー。(笑)

 

・・・・・・・・。

 

まー、それは置いといて。

 

最後に○谷のその先生は

「オメーにこれ、やるよ。」

 

とおっしゃって
一枚の和紙を
私にくれました。

 

そこには
こう書いてありました。

 

“骨は脳とつながっている!”

チャンチャン。

 

以上、こんな感じで長々と続いた

「私が思う治療の奥義!」

シリーズですが
今回で終了と相成りました。

 

(ピューピュー!ヒューヒュー!!)
(お疲れ様ー!)

 

で・・・・・・。

 

これで終了なの?

 

終わっちゃうの?
(寂しいー!)

と、お思いのあなた!!
(全国1万5000人の
ゴッドハンド通信読者の皆様!)

 

ここで、みやもっち先生から
ある”重大発表があります!”

 

ええー!

(と、ここまでスクロール。
お疲れ様でした。)

 

ここで終わりじゃないですよ。
実は!

(いい加減、ネタ切れで
“引退”だと思ったでしょー?
いやいや、まだまだ全然
書くネタは山ほどあります!)

 

まず
「治療の奥義」(私の考える)
ですが、

 

実は”もう一個ある”のです!!

 

しかも今までと
全く違う”裏奥義”とも
呼べるものが!!

 

聞きたい?

 

んんー!
「聞きたい!」と
言ってくれー。
(グイグイ。)

 

どーしよっかなー。
(ウププ)

(無料だしな・・・。)

 

じゃまー、ここで。

 

例によって
“感想文・励ましのお便り”
の数で決めましょうか。

 

次回、その次と
「トリビア系」
のメルマガを発信
する予定です。

 

(2回かあるいは
3回かに分けて。)

 

→分けても”長い”んです
よねー。私のメルマガ。
(他の先生とのバランスが・・・。)

 

その後に、励ましのお便りと
感想文の数が
一定数に達したら。

 

最後に残しておいた
私の”裏奥義”を
こちらのメルマガで

 

発表したいと思います!

 

達しなかったら
永遠に墓場まで
誰にも伝えずに
持っていきます。

 

(ウチのスタッフと
ごく少数の親しい先生には
教えちゃってますけど。)

 

題名だけは決まっているので
先に教えちゃいますね。

 

「(私が考える)治療の奥義 その6(裏)」

 

題名:
「私が皆さんに
本当に伝えたかった事!」

以上です。

ではみなさん。
お待ちしております!

 

このメルマガをお読みの方々
すべての人に!
最高の幸せが
舞い降りますように!!

 

グッドラック。

 

宮本啓稔

 

追伸

 

インタビュアーの菜々香ちゃんも
「治療家って儲かるなー!」
なんて言っていましたが、

 

もし先生がその言葉に笑顔で
頷けなかったら…

 

こちらの集客ノウハウを
試してみてください。

 

マネするだけで右肩上がりに
売上UPできるテクニックを
無料で公開中です。
↓↓↓

http://www.itm-asp.com/cc/10104/De12Yb03

※本日23:59までの限定公開ですので
今すぐご確認いただくことをおすすめします。

Writer

宮本 啓稔

宮本啓稔 宮本啓稔の記事一覧

治療家歴17年。
新宿西口治療院の院長

平成11年 日本鍼灸理療専門学校を卒業
国家資格(針灸・マッサージ師)取得
渋谷整体センター勤務
平成12年 西新宿治療室勤務
平成15年 新宿西口治療院開業

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2018 ゴッドハンド通信