ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 宮本 啓稔

治療の奥義その5 “骨膜” パート7

531 Views

皆さんこんにちは!

 

ゴッドハンド通信
(月2回担当)の
宮本啓稔です。

 

今回は、前回の続きですね。

 

「鍼を200本打つ先生の
治療院で私が得た気づき」

 

についてお話ししようと
思っております。

 

宮本
「で、その鍼を200本打つ
富○先生の治療なんだけどね。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「 はい、はーい!
待ってました!」

 

宮本
「まず最初にうつ伏せから
始まるんだけど、

胸マクラだけじゃなくって
お腹とか足とか
色々な所にマットを入れるんだ。

しかも左右で全然違う所に。

で、ポーズも右手はバンザイで
左手は下におろしたり

足の位置も左右で
色々変えて微調整する。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「 ほうほう。」

 

宮本
「それまで”鍼を打つ”と言うと
“気を付けー”みたいな直立姿勢
でしか受けた事なかったから
これは衝撃的だったねー!」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「おおー! 」

 

宮本
「誰も言ってる人
居ないけど
これって
治療を行なう時に
超重要なコツだと思うよ。

同じ刺激を入れる場合でも
“受ける側のポーズ”によって
全然効果が変わってくる・・・。

これは鍼を打たない先生でも
例えばマッサージや整体
などでも使えるよ。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ほほー!」

 

宮本
「考えてみれば
何も全員が全員
直立不動のポーズで
治療する必要なんか
ないんだ。

なのに何でどの治療家も
決まり切ったあの『気を付け!』
ポーズで鍼をするように
なっちゃったんだろうねー。

(教科書から抜けらんない
というか、日本人の生真面目さ
なんだろうけど・・・。)」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「性格は超変わってるというか
アレですけど、そーゆートコは
凄い先生ですね! 」

 

宮本
「そーだね。

この業界で
卓越した人ってある意味
“変わった先生”が
多いからねー。」

 

(ま、私もその辺
人の事全く言えませんが・・・。)

 

「あ、あと他にマッサージでも
患者さんに色々な”ポーズ”
(面白ポーズ)取らせて
施術する先生いたなー。

確か”小室哲哉”が
通ってた治療院だね。

オバちゃんがやってる
治療院。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「へー。 」

 

宮本
「ま、彼が来院する時は
“貸し切り”にしてた
らしいけどね。

で、話を戻すと・・・。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「 はいはい。」

 

宮本
「”特殊ポーズ”を
患者さんに取らせて
鍼を全身に打って
いくんだけど。

スゲー、鍼を
打つのが速いの!」

インタビュアー菜々香ちゃん
「おおー。 」

 

宮本
「弾入とか、
してる感じがしなくて。

スーッ、グイッ。
スーッ、グイッ。
って感じ。

あれは竹○先生とも
違ってた。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「あの有名な、ですね。 」

 

宮本
「うん。

で、置鍼をして。

すんごいリラックスして
超眠くなって・・・。

なんだろうね。
置鍼であんなに眠くなった事
無かったんだけど。」

 

(鍼師のクセに”超敏感”な
痛がりの、この俺が・・。)

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「すごーい! 」

 

宮本
「その秘密は、最後に話すね。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「お願いします! 」

 

宮本
「で、最後に5分くらい
“整体”をするんだけど
それが超イターイの。

手首とか足首を
“グリッ”とか
されるんだけど・・・・。

やりながら言うんだよね。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「へ?なんて? 」

 

宮本
「”俺の真似をするなよ”って。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ヒエー!!」

 

宮本
「”俺は骨の折れる寸前まで
やってるからな”

“真似してやったら
事故を起こすぞ”って。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ヒョエー!!」

 

宮本
「で、治療が終わって
立ってみると・・・。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「うんうん。」
(期待に輝く目!!)

 

宮本
「すんごいスッキリして
“背骨がまっすぐに
なった感”が
あるんだよね。

ちょっとあの時の
感想は言葉には
言い表せないんだけど。

頭とかスカーンと
抜けて、体がドーンと
立って。

なんというか浄化?

あえていうなら
滝行の後みたいな
感覚だったなー。

あ、あくまで
俺の個人的な感覚と
意見だけどね。」

 

(受けた全員の方が
そーなるとは保証できません!)

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「いいなあー。」

 

宮本
「1回2万だけど
全然、今考えても
その価値はあったと
思うよ。

今まで受けた色々な
鍼治療の中でも
あそこまでの変化は
無いね。」

 

(鍼ではもう一人
“凄い!”と思った先生
いるけどね。ウププ。笑)

 

「プロのアスリート達
だったら、その3倍の
金額でも支払うだろうな。
多分・・・。」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「それで30分くらいですもんね。」

 

宮本
「置鍼するから施術時間は
15分前後くらいじゃないかな。

とにかく鍼を打つの速いから。」

(整体は1分くらい。)

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「はぁ~。」

 

宮本
「ベッドが2台くらいあるから
置鍼してる間にもう片方の
ベッドで鍼打って
同時に2人回せるしね。

それで。

あともう一つ凄いのが!」

 

インタビュアー菜々香ちゃん
「ふむふむ。」

 

※と、ここで大分お話が
長くなっちゃったので、

 

続きは次回の
「奥義その5 骨膜」
(最終回)
に回しますねー。

 

次回ご期待あれ!!

 

→もういい加減
“最終回”にしないとねー。
(笑)

・・・・。

 

伝えたい事は
一杯ありますが!

 

宮本啓稔

 

 

追伸

 

今回は鍼治療のお話でしたが、

 

同じように患者さんの”ポーズ”を作り、
わずか30秒であらゆる症状を
根治してしまう手技があるのを
ご存知ですか?

 

小学生でも再現できる
テクニックと言っても過言では
ありません。

 

気になる方は、下記のURLより
今すぐ詳細をご確認ください。

↓↓↓

http://www.itm-asp.com/cc/10104/D8HG6235
(クリックするとその手技の
セミナー映像が無料で視聴できます)

Writer

宮本 啓稔

宮本啓稔 宮本啓稔の記事一覧

治療家歴17年。
新宿西口治療院の院長

平成11年 日本鍼灸理療専門学校を卒業
国家資格(針灸・マッサージ師)取得
渋谷整体センター勤務
平成12年 西新宿治療室勤務
平成15年 新宿西口治療院開業

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2018 ゴッドハンド通信