ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

【証拠映像】なぜ私は患部に施術しないのか?

3141 Views

こんにちは、DRT上原です。
お久しぶりです。

本日は私の施術は
なぜ患部に直接施術をしないのか?
その理由をお伝えしたいと思います。

DRTは坐骨神経痛の諸症状や
重い症状に強いのですが、
患部に直接何かをするワケでは
ありません。

なのになぜ治療効果が
高いのか?

その理由をお話ししたい
と思います。

では先生。

これから私がお伝えする
通りに動いいただけますか?

まずは右手を思い切り
握ってください。

右腕の前腕が硬くなり
ますよね?

その状態が、体が凝った
状態だと思ってください。

多くの治療法はその凝った
箇所に直接施術いたします。

力が入っている所を
無理に力を入れて揉みほぐそう
とするから揉み返しが来ます。

その上、かなり長い時間やっても
思った程ほぐれません。

こういったことは皆様経験済み
だと思います。

DRTは、その凝った箇所に
直接節施術は殆どしません。

それは何故か?

その理由は先にやっていただいた

”右手を握り絞めている”

点に着目しております。

さて、今強く握っている右手の指を
ゆっくり一本ずつ広げてみてください。

右前腕の硬直は収まりましたね?

コレが何を意味するのかというと

右手の指→背骨です。

前腕の硬直→患者様が痛いという患部です。

つまり、背骨の硬直を緩めていけば
コリも緩んでいくということです。

体の殆どの凝りは、姿勢に無理が出て
これ以上悪くならないようにと
筋肉が硬直することでできるのです。

それ以外にも

風邪を引いても凝りがおきる
事もあります。

”凝りが起きる”ということは
背骨のバランスが崩れると
御考えください。

凝りが起きるから、背骨のバランスが
崩れるのか、背骨がずれるから、
凝りが起きるのかは

鶏と卵のような関係だと思います。

どちらもありえると思います。

腹痛を起こすことでさえ、
背骨はずれる事もあります。

要は、背骨の神経支配領域は
内臓等ともとても関連が深い
と言う事です。

なので色々な凝りが治ると内臓
の働きも本来の良い状に戻るのです。

握った右手の指を一本一本
開いていく作業が

DRTの技術だと思っていただけ
れば分かりやすいと思います。

だからDRTで凄い結果を出している
先生方がたくさん出てくるのです。

ナイショですが、手技DVDを出して
いる何名かの先生方も、
「あれいいよね、使ってる」
とおっしゃっています。

(※でもあまり大きな声では言えない
 ですよね)

さて、何がいいたいのかというと

もし先生がこれからもっと売上げを上げて
人生逆転したいなら、

これから御案内するイベントは
目からうろこが落ちるほど
衝撃を受けると思います。

なぜならDRT公開後たった
10か月で売上げアップする
治療院さんが後を絶ちません。

その証拠映像はこちらから
御確認頂けます。

↓↓↓
http://t-marketing.jp/drt/online/yokoku/

追伸

この素晴らしい治療効果を発揮する
DRTテクニックはこちらから
入手できます。

↓↓↓
http://t-marketing.jp/drt/

追追伸

もし先生の予定がこの日空いている
のなら是非私に会いにきていただけませんか?
↓↓↓
http://t-marketing.jp/drt/online/party2.pdf

Writer

上原 宏

上原宏 上原宏の記事一覧

背骨を揺らすだけで難病まで改善する手技、DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)の開発者。
お茶の水カイロプラクティック院長、また日本DRT協会代表。
受付もなしの完全1人治療院で、月商400万円、年商3500万円を売り上げる。

カイロプラクティックを軸に27年間の研究の末、2003年に背骨を揺らすだけで自然治癒力を取り戻し、痛み、難病を改善する手技、DRTの開発に成功。2014年の公開以降、実に24,000人以上の治療家がこの手技を学ぶ。

治療効果の高さから、脳・心臓外科医、歯科医、獣医師、大学教授など…医学のエキスパートたちまで彼の噂を聞きつけて次々と来院するほどであり、2017年には医学学会でもDRTの有効性が認められた。
現在はセミナーを定期的に開催し、3000人を超えるDRTインストラクターを輩出している。整体界の巨匠。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信