ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

【ビデオ】スタッフを雇う時の”3つの盲点”

847 Views

こんにちは!

 

治療院コンサルタントの根本です。

 

この前、小学生の娘が
とことこと、よってきて、
私の耳元でこんなことを囁きました。

 

『お父さん、
これから儀式をするから、、

ゼッタイに部屋にはいって
きちゃダメだよ(にやっ)、、、、』

 

言われた瞬間、
ちょっと吹き出しそうに
なりましたが、

 

何をやっていたのか、
気になって仕方なかったので、
娘に後で聞いてみました。

 

『儀式って、どんな儀式をやったの?、、』

そうしたら、即答で

『教えないっ!』

 

チ~ン!・・・・w

 

気になってしかたないですね、、
次こそは、儀式の現場を押さえて
みようと思います、笑

 

前置きはこれくらいにして、

本日のテーマは、

【スタッフを雇う時の3つの盲点】

について、
お話したいと思います。

 

前回、スタッフが辞めていく
パターンの一例をあげさせて
頂きました。

 

今回は、その前の段階、
採用の時に注意しておくべき
ことです。

 

もちろん、あなたの
院の状況によって、

 

注意点、ポイントは
ケースバイケースでは
あるのですが、

 

今回は、1人治療院から、
初めて治療スタッフを雇う時に

 

特に気をつけて欲しい盲点が
ありますので、お伝えしますね。

 

============
1.雇うまで時間をかける
============

1人治療院で忙しくなってくると、
けっこう、スタッフを雇いたくなる
先生、多いと思います。

 

安易に無計画に雇用を
しようとすると、けっこう、
失敗します。。。

 

研修プログラムも
しっかりないと、教育も
うまくいきませんので、

 

雇われた側も不満に思う
ケースが多くなります。

 

実際に100名以上、
採用面接をした経験を
踏まえて言うと、

 

『人が欲しくて焦っている状況で
採用した人は、長続きしない』

 

という傾向にあります。

 

ひとつ、人事の
マインドセットとして、

~~~~~~~~~~~~
雇用は時間をかけ、
   解雇はスパッと決断
~~~~~~~~~~~~

をぜひ、心がけてください。

 

先生が「スタッフが欲しいなぁ」
と思ってから、

 

1人採用するまでに1年くらい
かけることをおススメします。。。

 

2次、3次面接を重ね、
10人面接したらに1人か2人を
採用する感覚ですね。

 

「えっ!ながっ、
そんな余裕ないよ、、、」

「そんなたくさん、
応募がこないし、、、」

「募集採用コストも
けっこうかかるしなぁ、、」

「面接にそんなに時間
とってられないなぁ、、、」

 

と思われるかもしれませんが、

 

採用での失敗を教育で
埋めるのは、難しいのです。

 

ぜひ、ご自分の採用基準を
しっかり持って、焦らず、

 

時間をかけて本当に
欲しかった人を雇いましょう。

 

1人目の治療スタッフは、
それくらい長期スパンで厳選した
ほうが、先生が後々楽になります。

 

また、

『雇ってみないとわからない、、、』

というケースも
けっこう、あります。

 

なので試用期間は3ヶ月
くらい設けるといいです。

 

その間は、すぐに契約を解除
できるようにしておくのが、

 

お互いの為になりますので、
それは本人に伝えたほうがいいですね。

 

==============
2.良い点も、悪い点も
  客観的にチェックしておく
==============

面接の時なんですが、

 

相手の良いところだけ見すぎたり、
悪いところばかり探してしまったりすると、
判断に偏りがでてきてしまうので、

 

良い点、悪い点を平等に
客観的にチェックして
いくように意識しましょう。

 

人は面接では良くみせようと
しますので、

『本人に自分が自覚している
悪いところを紙に書かせる』

ことが大切です。

 

それをもとに質問していくと、
相手をもっと深く知ることが
できるようになります。

 

そのとき、
悪いところを責めたりしては
いけませんよ、、、笑

 

心を閉ざしてしまいますからね~

 

==============
3.あなたが”楽をしよう”
  という気持ちを捨てる
==============

これ、けっこう心当たり、
あるんじゃないでしょうか・・?

 

私もそうでしたが、
忙しい日々が続くと、

 

「あぁ、スタッフ雇って、
ちょっと手を抜いて、
楽をしたいなぁ、、、」

 

けっこう、頭によぎりますよね。。。

 

でも、雇われたスタッフの99%は

『院長の分まで頑張りますから、
私に任せてください!』

とは、言ってはくれません。。。
(それはほぼ妄想に近いですね。)

 

スタッフが1人目、2人目の頃は、
院長がバリバリ働き、結果を出して、

 

背中をみせていかないと、
なかなか人はついてきません。

 

スタッフが増えても楽になるどころか、
いろいろな問題、ストレスが出てくること
も少なからずあります。

 

『なぜ、スタッフを雇うのか?』

 

この質問の答えに

『自分が楽をしたいから』
(つまり、手を抜きたい)

のような自己中心的な
答えしか返ってこないようでしたら、

 

スタッフの採用教育で延々と、
苦労することになります。

 

そして、時間とコストが
結局ムダになってしまうのです。

 

あなたが現場にいる以上、
自分はちょっと手を抜いて、

 

スタッフに働かそうかな、、、
なんて気持ちは、

 

持たない方がいいですね!

 

それは、確実にスタッフに
見透かされますからね、笑

 

以上の3つの盲点、
気をつけてみてください。

 

それでは今回は、
ここまでと致します。

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございました!

 

ご意見、ご感想、
ご質問ありましたら、

 

ぜひぜひ、お待ちしています。

 

それでは今日も一日、
顔晴ってくださいねっ!

 

治療院コンサルタント
根本 隆広

 

追伸

 

良いスタッフを雇いたかったら、
自身の施術も手を抜いてはいけないし、
スタッフ教育にも手を抜いてはいけない…

 

とは言っても、
『そんな時間はない!!』
という声が聞こえてきそうですが…

 

でもご安心下さい!

 

そんな先生におすすめの、
どんな痛みも完全に消せる
秘蔵のテクニックがあります。

 

先生が今お使いの手技に
加えていただくだけで
大きな結果が出ますし、

 

新人スタッフさんにも
再現可能なテクニックなので、
教育にももってこいです。

 

今すぐ下記のURLより
詳細をご確認ください。
 ↓↓↓

http://www.itm-asp.com/cc/10104/kGQw7Yaf

Writer

ゴッドハンド通信事務局

ゴッドハンド通信事務局 ゴッドハンド通信事務局の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2024 ゴッドハンド通信