ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

【映像あり】時短する時の大きな”落とし穴”

1006 Views


こんにちは!

治療院コンサルタントの
根本です。

 

最近、高1の娘が
コンビニでバイトを始めて、

 

その働きっぷりをこっそり、
柱の陰から見守りたい
衝動にかられています、、笑

 

直接、娘に

 

「見に行っていいか?」
と聞きましたら、

 

「絶対にダメッ!」
と即答で断られました。笑

 

本人曰く、

「仕事、メッチャ楽しいんで、
何時間でも働きます!」

と、
シフトの要望を出したとか、、、

 

幸い店長さんがいい人らしく、
安心しました。

 

娘には若いうちに
いろんなバイトを経験させて、
失敗もさせておきたいと、
目論んでいますw

 

それでは、
本日のテーマにいきたいと思います。

 

【時短する時の大きな”落とし穴”】

についてです。

 

前にもお話ししましたが、
治療院での成功モデルとして
多いのは、

 

手技の時間は、
トータルで5分から
15分と考えていいと思います。

 

先生が実際に行う、
手技の施術1分あたりの
単価としては、

 

理想は、
200円以上がベストです。

 

ベターは
割引をいれても、
150円が基準ですね。

 

それより下回ると、
利益が出にくくなります。

 

万が一、
1分100円を
切ってしまっていたら、

 

そのメニューはやめたほうが
いいかもしれません。笑

 

先生が疲弊し、
利益が出ない悪循環に
陥っている可能性大です。

 

これ、笑い事ではなく、

もし、現在分単価を
把握していないなら、

 

「今すぐにっ!」

い・ま・す・ぐ・にっ!!!

 

計算してみてくださいね。

 

ここをしっかりと
管理していくことが、

 

とても重要で
“成功の分かれ目”
になってきます。

 

時短のメリットとしては

 

・患者さんを診れる人数が
増え、予約枠を増やせる

・同じ人数を診ても
先生の労力が少なくて済む

・収益性が上がる

 

などがあります。

 

【単価を上げる】

か、

【時短をする】

かの違いもあり、
どちらをすればいいかは、

 

先生の施術時間、
単価設定によりますが、

 

例えば、
6000円で60分
頂いているなら、

 

時短した方がうまくいく
ケースが多いです。

 

一般的な治療費としては、
4000〜5000円が
払いやすいので、

 

15分4000円のコースを作り、
そこに誘導していくと
うまくいきやすいですね。

 

今の施術を時短して
いくのではなく、

時短メニューを作って、
メインにしていくという方法です。

 

ちなみにクドケン店舗では、
手技15分の20分予約枠で

 

実質単価は、
3500円〜4000円以上です。

 

ここで気をつけてほしいのは、

“院内に施術時間の表記を書かない”

ということです。

 

人によっては、
60分2980円と比較したりして、
高く感じてしまうからです。

 

施術時間については、
患者さんから聞かれたら、

 

「お体の状態により、
個人差はありますが、
約◯◯分くらいです」

と、

 

ある程度の目安を
お伝えして頂ければ、
患者さんは安心します。

 

あと、大事なポイントして、
この時短施術では、

 

患者さんに

『気持ち良さを感じてもらう』

のではなく、

『納得のいく結果』

を提供していく必要があります。

 

つまり、

時短施術には、
患者さんがはっきりとわかる、
変化が必要になり、

 

施術中のビフォーアフターなどの
見せ方も必要になってきますね。

 

そこが、施術が短くても
価値が生まれるポイントなのです。

 

慰安的な要素が多い施術ですと、

患者さんは気持ち良さを
“長く”求めますので、
大変、時短はしにくくなります。

 

そこは気をつけてくださいね。

 

おそらく、

「時短の価値はわかってる!」

「したいんだけど、
なかなか進まない!」

という先生が
多いかと思います。

 

最後に、

一番大事なポイントとして
クリアしておかなければ
いけないのが、

【先生の気持ち、マインド】

ですね!

 

「時短のメリットもわかった!」

「今自分の院に
必要であることもわかった!」

 

でも、、、

「患者さんが
満足しないんじゃないか…」

「短くして、
効果が落ちるんじゃないか…」

などと、

 

ビクビクした不安な気持ちを
持ったまま、時短をするのは、

 

本当にうまくいきませんっ!

 

ここが“大きな落とし穴”ですね。

 

ここをクリアできずに
困っている先生も
多いのではないでしょうか。

 

時短を取り入れる時は、

ここのマインドの部分が
自分の中でしっかり
クリアにできているかどうか、
がカギです。

 

患者さんに自信を持って
時短した施術を行えるよう、

 

日々、さらに技術体系の
見直しをぜひ、してみてください!

 

それでは今回は、
ここまでと致しますね。

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございました!

 

ご意見、ご感想、
ご質問ありましたら、
ぜひぜひ、お送りください。

 

それでは今日も一日、
顔晴ってくださいねっ!

 

根本 隆広

 

追伸

 

もし先生が、患者さんに
『納得のいく結果』を
提供するために、

 

・何を意識して
・どこにアプローチして
・どういう施術効果があるのか?

 

といったことを
自信を持って説明できないなら…

 

“解剖生理学”に基づいた
手技理論を学ぶことをオススメします。

 

海外での6回の解剖実験により開発され、

たった3分、優しく押さえるだけで
~~~~~~~~~~~~~~~~~

頭痛を改善してしまう”解剖学テクニック”の
手技映像を、無料で公開しております。

 

ぜひ、こちらの映像を見て
自信を持って施術できる
ゴッドハンドになってください!!

↓↓↓

http://www.itm-asp.com/cc/10104/r7Gt5B35

※先着200名、8月24日(水)終了の
期間限定プレゼントです。

Writer

ゴッドハンド通信事務局

ゴッドハンド通信事務局 ゴッドハンド通信事務局の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信