ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

ひとり月商100万になる手技の選択基準5つのポイント

952 Views

↓整骨院時代の院長の私です。↓
nemoto

 

こんにちは!

最近、、、

レシートを渡そうとしない
コンビニ店員に

ちょっと、イラッ!
としてしまう・・・

根本チャンネルの根本隆広ですw

都内は、だいぶ
気温が高くなり、暑い日が
続いていますね〜

この暑さに負けない
パッション(情熱)をもって、

本日は、私が
整骨院経営をしていた時の
経験をふまえ、

『手技の選択基準』

について
お話していきます!

完全自費で行っている
治療院の先生にも必ず、

参考になりますので、
安心して、読み進めてください。

さて、
この世の中には、
多くの素晴らしい手技が
存在していますよね?

先生がもし、すべての
手技を極めるとなると・・・
どれほどの年月がかかるでしょうか、、、

 

おそらく、
5、6回ほど、輪廻転生する
必要がありますね・・・笑

 

ですから、先生は
自分がこれだっ!と思える
手技を厳選していかなければ
なりません。

 

それを選択する上で
もちろん、先生の感覚も
大切なのですが、

 

一生涯、
先生の生活と健康が
守られる、つまり、、、

『稼げる手技の見極め方』

が大切になってきます。

 

正直な話、
私は、まったくの
カリスマ治療家ではないので、

自分で編み出した
手技というものは、
10%もありません。

ほとんどの先生方と
同じように授業料を払って、

多くの先生、団体から、
手技を学んで、実際の施術に

組み入れて、基本施術を
構築していました。

そのなかで、
試行錯誤を繰り返し
手技を取捨選択してきました。

これまで、
手技だけの勉強、投資で
600万円は下らないと思います。

私がはじめて、
修行をした整骨院グループでは、

ゴリゴリの指圧、マッサージ、
いわゆる押す、揉む技術が主体でした。

↓これは昔HP用にとった写真、一番奥が私です↓
IMG_0417

 

それを開業してからも含め、
15年ほど、基本施術にしていました。

 

整骨院なので、
時間をあまりかけずに
やっていたので、

 

修業時代は、だいたい15分
自分で整骨院経営をしていたときは、
8分で行っていました。

 

保険内の施術なので、
スタッフにも時間を守らせる
ために、

私を含め、スタッフ全員、
タイマーで時間をはかって
時間厳守重視の経営をしていました。

 

いわゆる押す、揉むといった
施術から修行にはいったので、

ここから、なかなか抜け出せずに
いたのは、やや後悔しています、、、

ほぼ我流、自分の感覚で
やってはいましたが、

患者さんの

『そこですっ!ポイント』

つまり、気持ちいいツボを
見つけるのが得意中の得意だったので、

効果も、8割の方にでており、
多少は、満足!?していました。

ただ、デメリットとして、

『スタッフに教えにくい』

『力を使うので、自分の体に
かかる負担が大きい』

といった点があるので、

強めに押す・揉む技術は
おススメはできませんね、、、

やはり筋肉に対する施術は、
ソフトな刺激がいいです。

 

これ、わかっている先生、
多いと思いますが、

 

なかなか止められない!
かもしれませんね〜

 

修行2年目くらいに
このままの技術だけで、

『自分で開業しても
やっていけるのだろうか』

という不安があったので、
自分なりに研究した先に、

 

『体の歪みを整える』

ことに行き着きました。

施術において

『筋肉に対するアプローチ』

『骨格・関節に対するアプローチ』

の両方必要だと、早い段階で
感じていましたので、

いわゆる、

『歪み』の矯正法、整体法

をいろいろ学び、院で実践し、
自分の施術方法を組み立てました。

 

そこを自費の施術として、
初回3000円、2回目以降、
1600円ほど頂いておりました。

 

内容は、10分ほど、
寝かせながら、関節のズレを
連続矯正するものや

300万円程する、
ピンポイント矯正をする器具
なども購入してきました(高っ!w)

 

最終的には
3分で背骨のゆがみを
すべて矯正し、

また仙腸関節のズレも
瞬間的に矯正する手法に
落ち着きました。

 

なので、初診で保険と自費を
合わせて、4,200円を頂き、

2回目以降、2,200円を
頂くシステムなんですが、

10回の回数券を初回で
購入してもらう仕組みでやっていました。

 

もちろん、整骨院なので、
保険の施術のみと思ってくる
患者さんが多い中で、

保険外の施術が必要である旨を
伝え、常に7〜8割の方に前述した
自費追加施術を受けてもらっていました。

 

そうする中で
意識していたのは、
完全自費でも

『1人月商100万』

を維持できる手技体系を
身につけるということでした。

 

当時、この道に
進むと決めたのは、
開業ができるからであり、

修行をしていく中で、

『もっと、自由に施術をして、
患者さんに喜んでもらいたい』

『自分自身と家族をもっと豊かに
したい』

という思いで開業をしましたので、

最初から自費導入は当たり前の
感覚でした。

 

当時から保険が厳しくなるとも
言われていました。

 

経営において、国の
保護と引き換えに縛られ、
通達一つで左右される・・・

 

というような、国、政府、
保険に頼るという状態が、

正直、嫌で嫌で
しかたがなかったので、

 

『自費だけで勝負をしたい』

と常に思っていました。

 

それが、いったん
整骨院経営をリセットさせた
大きな理由の一つでもあります。

 

ちょっと話がそれましたが、
これを読まれている先生は、

もちろん手技に関して、日夜、
研究を怠らずにいると思います。

 

そこで実際に私が過去に
やってきた失敗、成功例も含め、

現在、私の考える
『手技の選択基準』における
大事なポイントは、お伝えします。

 

次の5つですので、
ぜひ、参考にしてみてください。

 

当然、施術効果が
高いことは、当たり前なのですが、

1、 インパクトがあるか

例えば、患部を触らずに痛みを
解消させる、たった数秒で明らかな
身体的変化を出すことができるなど。

2、ビフォアーアフターがわかりやすいか

施術前の状態を確認してもらい、
施術後に8割以上の方に大きな
身体的変化を出すことができるか。

3、短時間であるか

患者さんが喜んで、繁盛している
治療院はほぼほぼ、5分から15分以内の
施術時間。時間型から成果型へ。
時間が短くて、効果が大きいほど、
インパクトもあがる。

4、身体的負担が最小限であるか

患者、施術者の双方が体への負担が少ない
刺激の手技であるか。

5、患者さんへの危険性がないか

瞬間的に強めの刺激をいれたりして、怪我をさせる
リスクがある手技ではないか。

 

以上、5つの基準ですね。

また、先生のこれからの
ビジョンによって、もう一つの
基準が加わります。

 

先生がもし、
ずっと、1人治療院で
経営をする場合は、

当たり前のことですが、
先生さえ、その手技のことを
理解できていれば、大丈夫ですよね?

 

しかし、施術スタッフを
これから雇用していく計画があり、

今後、院内の手技の統一化を
はかっていく場合は別です。

 

すべてのスタッフが
わかりやすい理論にして、

『手技自体が修得しやすいものであるか』

という基準が必要になってきます。

 

ぜひ、このような視点で
これから先生の手技体系にさらに
磨きをかけていって欲しいと思います!

 

それでは今回はここまでと
致します。

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございました!

ご意見、ご感想、
ご質問ありましたら、
ぜひ、お送りくださいっ。

それでは今日も一日、
顔晴ってくださいねっ!

根本 隆広

 

======PR=======
【本日23:59まで 無料プレゼント】
受講費35万円のセミナー映像など…
マネするだけで月商50万超えできる
『4つの売上アップノウハウ』をプレゼント!
↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/k9Y6q4t1
※本日23:59までの限定公開
===============

Writer

ゴッドハンド通信事務局

ゴッドハンド通信事務局 ゴッドハンド通信事務局の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2024 ゴッドハンド通信