ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

急患が来たら、次の3択の内どれを選びますか?

690 Views

こんばんは、
矢島です。

昨日は、熊本で
震度7という
大きな地震が発生しましたが

先生ご自身や周りの方々は
大丈夫でしたでしょうか?

熊本では16日(土)夜から
強い雨が降るという予報なので
土砂崩れなど、被害が
大きくならないことを
祈るばかりです。

こうした災害時には、
不慮の事故により
思わぬ怪我をされる方も
少なくありません。

きっと、先生の治療院にも、
これまでに不慮の事故などが原因で
急患が来られたという経験も
あるかと思います。

そして、こうした急患の場合、
これまでに経験がないような症状と
出会う可能性が少なくありません。

もし、先生のもとに、
今まで経験したことのない
症状の患者さんが来院されたら
どのように対応されますでしょうか?

これから、その時の状況を
1つずつ噛み砕きながら
お伝えしますので、

ぜひ、イメージしながら
ご自身がどのような対応をするかを
考えてみてください。

 ↓↓↓

(状況をできるだけ
 具体的にイメージしながら
 読み進めてください。)

「すみませーん。」

ある日突然、
先生の治療院に
急患がやって来ました。

「〇〇△△(症状名)なんですが、
 今から診てもらえますでしょうか?」

患者さんは、
先生がこれまでに
診たことがない
症状を訴えます。

(難治性の症状など、
 先生が対応したことがない
 症状をイメージしてください)

はい。

ここで質問です。

自分の心に正直に考えて頂きたいのですが
先生は、実際にこのようなことが起こった場合、

この患者さんに対し
どのような対応を取られますでしょうか?

次の3つの中から
最も近いと思うものを
選んでください。

1.責任を取りきれないので、
  正直に断る。

2.正直、改善できるか不安だが
  できる限りのことを行う。

3.改善できるという
  自信を持って対応する。

いかがでしょう?

ご安心していただきたいのですが、
どの数字を選んだから
良い悪いといったことは
ありません。

この質問で確認すべきことは、

先生の思いと実際の行動が
~~~~~~~~~~~~~~
一致しているかということです。
~~~~~~~~~~~~~~

例えば、

もし先生がご自身の治療に
ポリシーを持たれていて、
それに沿わない患者さんは断る
という考えのもと、

上記の質問に対し、

1.責任を取りきれないので、
  正直に断る。

を選択することは
正しい決断だと思います。

しかしながら、
もしも先生が
次のようなケースの場合は、
注意が必要です。

そのケースとは、

先生は、心の中で
「どんな患者さんも
治してあげたい」と
思っているにも関わらず、

自分に自信を持つことができないことから

3.改善できるという
  自信を持って対応する。

という選択をできずに、

1.責任を取りきれないので、
  正直に断る。

2.正直、改善できるか不安だが
  できる限りのことを行う。

という答えを
選択してしまうケースです。

もし、少しでも
ドキッと思われる場合は、

先生が自分に対して
自信を持てずにいる原因が
どこにあるのかを
考えていただきたいのです。

なぜ、先生は
自分に自信を持つことが
できないのでしょうか?

その原因は、

・今の手技力で結果が出せるのか不安。

・来院頻度の設定方法がわからない。

・今のメニューでは対応できない。

といったことでしょうか?

私たちはこうした先生の
お悩みを解決するために
日々情報を発信しています。

「知っているか知らないか。」

本当にたったこれだけの違いで
人生が変わるほどの影響が
でることがあります。

少しでも参考になれば幸いです。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

Writer

ゴッドハンド通信事務局

ゴッドハンド通信事務局 ゴッドハンド通信事務局の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信