ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 全身治療テクニック

 内司和彦

ラジオ体操をしっかりやると身体を悪くする理由とは?

398 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

ゴッドハンド通信をご覧の皆さん
こんにちは。

『縦巻き横巻きの法則』開発者の
内司和彦と申します。

本日も
私が発見した

『縦巻き横巻きの法則』

を日常生活に応用できる
お話をお伝えいたします。

・詳しい検査法
・日常生活の動作に応用した動き
・施術への応用の仕方

など…。

治療家から素人の方までが
この法則を知って
使って頂くことで

必ず健康にお役にたてる
内容をお届けします。

今すぐ“縦巻き横巻きの法則”を
知りたい方は、
コチラからご覧になって下さい!

↓↓↓
▼続きはコチラ

 

先生は小学生の頃に
ラジオ体操をやっていましたか?

きっと日本人なら誰しもが
1度くらいやったことがあるほど、

体育の授業に欠かせない
準備運動で有名ですよね。

本日はこのラジオ体操をテーマに
驚くべきお話を先生に
ご紹介したいと思います。

それは、ラジオ体操って
しっかりやればやるほど…

身体が硬くなったり歪んだりして
悪くなってしまうということ。

普通の常識で考えるなら
身体がほぐれたり温まって
良い効果があると思いますよね。

ですが実は、しっかりやればやるほど
身体には悪影響があるんです。

その理由は、縦巻き横巻きの法則で
考えてみるとヒントが見えてきます。

もし、先生や先生の患者さんに
ラジオ体操をやっている人が
いらっしゃいましたら、

ぜひこの動画を参考にして
ラジオ体操を見直すことを
オススメしてみてはいかがでしょうか。

きっと新しい発見になり
施術のヒントになるかと思いますので
ぜひ最後までご覧ください。

それではまた来月お会いしましょう。
最後までありがとうございました。

内司 和彦

★追伸★

【無料で今だけ手技プレゼント中!】
※明日8/19(木)23:59で公開終了

たった8秒、ある形を描くだけ。
~~~~~~~~~~~~~

たったそれだけで、
あらゆる痛み&疾患に対応可能。

———————
半身麻痺/狭窄症/五十肩/リウマチ/
膝痛/ヘルニア/首痛/脳梗塞後遺症/
パーキンソン病/側弯症/ぎっくり腰/
うつ/不眠症/しびれ/自律神経失調症/
頭痛/めまい/吐き気/眼精疲労/過食症/
突発性難聴/動悸/婦人科系疾患/O脚/
オスグッド/靭帯断裂/捻挫/テニス肘/
肉離れ/野球肘/ばね指…etc.
———————

「もう二度と良くならない」と
人生に絶望している患者さんを、
あなたの手で救うことができます。

あなたが今より幸せな人生を
手に入れるために無限の可能性が
詰まった”ユーザが選ぶNo.1”の治療法、

『UnWind Motion ver. ∞』。

なんと今だけ、
無料映像を公開中です!
※明日23:59で公開終了

お見逃しないよう、
今すぐ詳細をご確認ください。

↓↓↓
>>無料で今すぐ視聴する

※無料で手技プレゼント中♪
※明日8/19(木)で完全に終了

 

★ゴッドハンド通信LINE登録はこちら★

「ゴッドハンド通信LINE」お友達登録のお礼として
“わずか30秒”で驚異の効果を体感できるスゴ技映像をプレゼントします♪
↓↓↓
>今すぐ”スゴ技映像”を無料で手にれる

1.たった30秒でできる全身調整です
2.しかも、”頭部を軽く押すだけ”でOK
3.腰痛、肩こり、頭痛、膝痛etc…全身の不調を即改善!

 

Writer

内司和彦

内司和彦 内司和彦の記事一覧

鹿児島空港から約2時間、
鹿児島の人口約3万人が住む地域で
電車が1時間に2本くらいしか通っていないような
場所に内司治療院を構えている。

言葉を選ばずにお伝えすると
"かなりの田舎"で開業をされているが、

そのような場所にも関わらず、
口コミで6000人を集客し、小さな町に数ある治療院の中から、
患者さんはこの縦巻き横巻きの法則を使っている
先生の院を選んでしまうのだとか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 ゴッドハンド通信