ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 利光 正

【注目!】倒産寸前から月商3千万へV字回復を果たした方法とは?

2987 Views

こんにちは、地家です。

先日皆様にご案内しました
ように、

毎週月曜日のゴッドハンド
通信が生まれ変わります!

今後は3人の凄腕先生に、

治療現場で培った実績をもとに
治療家の先生に役立つ実践的な
内容でお届けさせて頂きます。

前回の宮本先生に引き続き
本日はお2人目の先生、

利光正先生をご紹介
させて頂きます。

toshimitsu

利光先生は

トータル美健協会専任講師
九州地区副支部長であり

利光整骨院の院長でもある
開業27年の大ベテラン先生。

今から10年前、倒産寸前、
通帳残高はわずか30万円、
妻からは離婚を切り出される・・

という人生のどん底を
体験されました。

でも現在は月商3000万円を平均して

売り上げる繁盛院に生まれ変わりました。

一体何をしたのでしょうか?実はその秘密が美容整体だったのです。

それまで治療一筋のいわゆる”手技バカ”だった利光先生が、皆さまに訴えたい重要メッセージとは何なのか?

ではここから利光先生と
バトンタッチ致しますので
よろしくお願い致します。

はじめまして!

私は、利光整骨院
ボディバランス大分代表の
利光 正と申します。

これからも皆様のお役に
立つ情報を私の経験から
お伝えできることは
どんどん公開させて
頂きたいと思います。

私は10年以上前に、
自ら健康保険を取りやめ、

「完全自費の治療体系にシフト」

しました。

しかし、やり方がまずかった
ため、患者数が激減し、

恥ずかしながら食べて
いくことができない状況に
なってしまいました。

それでも生活費を切り詰め、

治療技術を高めることで
現状を打破しようとして
いました。

その結果・・・

整骨院は倒産寸前、
通帳残高はわずか30万円、
妻からは離婚を切り出される・・

という倒産と離婚の危機
にまで追い込まれて
しまったのです。

そんな時にわらをもすがる
思いで導入したのが

「美容整体」

でした。

その選択は大当たり!

導入後わずか2年で
年商3,000万円突破
の快挙を成し遂げました。

今年は過去最高の
売上を達成予定です。

そこで、今後の
私のメルマガでは

皆様に美容整体で成功する
様々な考え方や、方法等を
事細かくお伝え出来ればと
思っております。

私が実際に取り組んだ
成果実証済みの方法です。

今美容整体を取り入れて
おられない先生も、
沢山のヒントが得られる
と思います。

ということで、初回なので
長くなってしまいました。

ここから本題です。
今回のテーマは、

美容整体に限らず、

新規メニューを導入するに
あたりとても重要なことが
3つあります。

この3つがないと
同じ事を行っても、
得られる結果が大きく
変わってしまいます。

また業界の究極トップ5%の
リーダーは、必ずこれを
意識しています。

それは何かと言うと・・・

1.ポジショニング→立ち位置
2.ブランディング→権威性
3.ターゲティング→患者さん像

です。

全く聞いたことがない先生、
聞いたことはあるがはっきりとは
分からない先生方の方が
多いかもしれません。

私は昔、治すことしか興味がない
「コテコテの治療家」だった時は
どんなに勉強しても、売上が
なかなか上がりませんでした。
(´・ω・`)

建物でいえば一番大切な”基礎工事”
の部分を疎かにしていたのです。

いくら治療技術を磨いても
成果が上がらない訳です。

これはよく言う、戦略と戦術
の違いになるのですが・・・

これはつまり、

「どう戦うのか」よりも
「何を用いて戦うのか」

のほうが数倍大切に
なってくるわけです。

よって、新規メニューを
展開するにはまず、

—————–
何の専門家として、
誰のどんな悩みを
解決できるのか?
—————-

を明らかにすることが
とても重要です。

具体的には

◆なぜ、あなたに頼まなければ
 ならないのか?

◆なぜ、その必要があるのか?

◆そうするとどんなメリットが
 得られるのか?

これらを明らかにして
いくのです。

これ考えていけば

患者さんはあなたを選ぶ
べき理由がハッキリわかる
はずですから。

—————————
そんな面倒くさいことは
どうでもいいから、

すぐ役たつ手技やメニューや
集客法を教えてくれ!

—————————

こんな声が聞こえて
きそうですが、

是非今回は先生なりに
考えてみてください。

なぜなら私もここを
考えなかったらから
自費移行で失敗して
しまったのですから。

ということで、

次回はこれらを考える
上で役立つ方法を
お伝えしたいと思います!


是非ワクワクしながら
取り組んで頂けたらと
願います。

それでは次回をこうご期待
下さいね!

それではまた~ (^O^)

利光 正

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信