ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 落合 一晃

【手技ビデオ】股関節・膝関節の可動域アップ!Wの効果エクササイズ

1606 Views

 

こんにちは、
カラダメンテナンス研究所の
落合一晃です。
 

さぁ、待ちわびた桜の開花!
 

と思いきやあっという間に葉桜へ…
 

少し寂しさもありますが、
この儚さが桜の美しさですね。

 
この春の陽気に心誘われ…

 
ウォーキング、ジョギングを
始められる患者様も
多いかもしれませんね。

 
そうなると、股関節・膝関節に
痛みを訴える方も増えてきます。

 
脚を前方に振りだす、
交互に相反動作をさせるには、
股関節がカギです。

 

この股関節の可動域を改善するには、

・臀部の筋肉の安定性
・大腿部のストレッチ性

を高め歩幅を
広げることが必要です。

 
この2つへの効果を、
1つのエクササイズで
出すことができます。

 
【エクササイズ方法】

1.
うつ伏せの姿勢で、
カラダはフラットにして、
両手を軽く曲げておでこを
腕の上に乗せます。

 
2.
可動させる脚の足首を背屈させます。

 
3.
膝関節を曲げて、
かかとをお尻に近づけ
可動域をチェックします。

 
4.
最大に曲げたら、
そのまま臀部の筋肉を使い
大腿部を上げます。

 
※注意として、
お尻が反対側に傾斜しないよう
気をつけましょう。

 
1回毎繰り返すと、
少しずつ曲がる角度が
大きくなるのが分かりますよ。

 
目安は10回を
目標に行いましょう。

 
===================

いかがでしょうか。
 

片脚だけエクササイズを行って
歩いて見ると、スムーズな動きの違いが
分かると思います。

 
膝も伸びやすくなり、
体重移動が楽になります。

 
膝関節、股関節の治療後に、
患者様にご紹介してみて下さい。

 
歩行が変われば、
患者様も違いの実感が分かり
リピート間違いないですよ。
 

ご拝聴ありがとうございました。

 
ぜひ、お試しくださいね。

 
スポーツトレーニングPLUS
カラダメンテナンス研究所
落合一晃

 
追伸

【4/27迄】※限定公開

ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症
側弯症・五十肩・ぎっくり腰…

 
やり方は簡単なのに
とにかくビフォーアフターの変化が
スゴイ手技があります。

 
人気TVでも紹介された
ゴットハンドのテクニックが
“マネするだけ”で
手に入れることができます。
 

4月27日(木)までの公開なので
今すぐ以下のURLからご覧ください。

↓↓↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/QyRqFz38
※4/27(木)23:59迄の限定公開

Writer

落合 一晃

落合一晃 落合一晃の記事一覧

昭和45年生 島根県松江市 高校卒業後、愛知県に進学後、22歳に縁あって民間スポーツクラブ アルバイトから未経験からスタート、平成14年健康運動指導士習得その後、33歳の時、 地元へUターン 松江旧市内の公共施設へ転職。 小さな市街地から離れた施設の運動指導にて、スポーツクラブと違い、慢性的な疾病を抱えた 高齢者が多く運動指導の限界を感じ、メディカルの必要性を感じ、39歳の時起業。 新たなメディカル・整体も取り入れ、トレーナーという新たな社会的な地位確立めざし現在に至る。 最近は、心理学、孫子の兵法、経営学も取り入れ講演活動、出張指導と幅を広げている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信