ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 関野正顕

【手技ビデオ】股関節をかる~く押すだけ!可動域拡大テクニック

1774 Views

おはようございます。

 

クドケン店舗の1つである
さんちゃ整体院の関野正顕です。
いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。

 

本日も、誰でも簡単に実践できて、
先生の治療のヒントとなるテクニックを
お届けしていきたいと思います。

 

本日お届けするのは、

【股関節の可動域制限を
解除するテクニック】

です。

 

結論から申し上げると
“内転筋を緩めていく”
やり方になります。

 

股関節を内旋や外旋をした時に
可動域制限が出る患者さんへ行うと
効果が高いので

是非最後まで
見てみてください。

 

まず、患者さんに
仰臥位になって頂きます。

 

検査法としては、
患者さんにどちらか
片方の膝を曲げてもらい

術者は曲げた方の足首を
持ち上げます。

 

そして、足をぐるぐる回し
股関節を内転外転させ、
可動域を見ていきます。

 

この時患者さんに
「どこに違和感ありますか?」
と聞くと教えてくれる方も
いらっしゃいます。

 

この間来た患者さんは、
検査を行った結果、

股関節の内側に
違和感があるとの
ことでした。

 

曲げた膝をそのまま横に倒し
施術に入っていきました。

 

それから違和感のあった
股関節の箇所に触れ筋硬結を
探します。

 

筋硬結があれば、
その場所に軽~く圧をかけます。

 

そして圧はそのままで
曲げている膝に向かって
牽引していきます。

 

イメージとしては
股関節から筋肉を引き離す
感覚で行ってください。

 

それを30秒から1分程度
行ってください。

 

そのあとゆっくり
患者さんの患部から
手を放しておわりです。

 

これで歩いた時の違和感や
歪みが取れています。

 

ぜひ、先生の施術の
ヒントになればと思います。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

関野正顕

Writer

関野正顕

関野正顕 関野正顕の記事一覧

治療だけでなく、治療院の経営を学ぶためにマーケティング、マネジメントにも力を注ぎ、平成26年6月にクドケン店舗の「さんちゃ整体院」を開院する。
オープン初月から150名の新規集客し、3年目を迎えた現在でも平均50名の新規集客を継続している。現在では月商300万の予約困難な治療院に成長。
地域に愛される治療院を作り上げることに成功した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2022 ゴッドハンド通信