ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 全身治療テクニック

 水曜チャンネル

【ビデオ】”軽い圧”ならいいと思っていませんか?

2087 Views

こんにちは!

ゴッドハンド通信をご覧の皆様
お元気でいらっしゃいますか?

天心正法訃幻流宗家の米澤浩です。

本日は

『なぜ押す治療ではなく
 引く治療なのか?』

ということを解説していきたい
と思います。

ここ最近、手技の流行が
変わってきたと思いませんか?

以前は強揉みや強押しが
業界の主流でした。

患者さんとしても
強く押したり揉んだりすることに
あまり抵抗感がなかったと思います。

しかし、ここ最近はどうでしょうか?

強揉みや強押しが身体に悪い
と徐々に業界の中に広がり、
ソフトな施術が増えてきてませんか?

軽い圧で症状を改善する。

強揉み強押しの時代からすると
これは患者さんにとって
素晴らしい変化だと思います。

ただし、
軽い圧になったからといって
それが身体に一番いいか?

というとそうではありません。

一番大切なのは圧の方向。

つまり、身体の方向に
圧をかけるのではなく、
身体とは反対側に圧をかけることが
一番大切なのです。

“軽い圧”といっても
身体方向に圧のベクトルが
かかっている限り、
ベストな圧ではないと考えています。

身体とは反対方向に圧をかけること。

これこそ以前からお伝えしている
『陰圧』の正体です。

では”強い圧”と”軽い圧”と”陰圧”では
どんな変化が身体にでるのか?

試してみましたので、
ぜひその映像をご覧ください。

この『陰圧』を習得すると
こんなことまでできます。

*お腹から手を入れて
 背骨の裏側まで手が入る

*お腹から入れた手と
 背中側から入れた手が
 身体の中にくっつく

*脳幹の近くまで手が入り、
 その近くの癒着が取れる

正直、想像もし得ない世界
ではありませんか?

力任せにやろうとしても
間違いなくできません。

患者さんが痛がって
耐えられないですよね…(笑)

ただそんな現象でも
引く力『陰圧』を使えば
実現してしまいます。

私は『陰圧』を使って
身体の奥底まで調整。

最大限に血流が
身体中に流れるようにし、
重力を抜けるので、

対応できない症状は
ほぼありません。

なので、ぜひ皆様に『陰圧』の
やり方を教えたいのですが…
とてもとても難しいです。

半年や1年かけて
直接指導するセミナーでも
ほぼすべての先生が『陰圧』を
完全に習得できません。

このことを残念に思った方も
いるでしょう。

しかし、朗報があります!

この度、『陰圧』を使わずに
『陰圧』を使ったときと同じような状態を
身体に起こせる治療法を
発表できることになりました。

その名も『訃幻流 浮嶽陰流』。

『陰圧』を使ったときと
同じような状態を身体に起こせるため、
ほぼすべての症状に対応可能です。

中には…

*原因不明の病で車いす生活。
 言語障害もあった方が
 1回で車いすから立って歩き出し
 言葉も話しやすくなった

*肋骨の骨折が原因で
 杖ナシでは歩けなかったのが
 5分の施術で杖を忘れて歩けた!

*脳梗塞の後遺症で
 車いす状態だった患者さんが
 自力で立てるようになって
 満面の笑顔を見せた

*杖と歩行器を同時持ってないと
 まったく歩けなかった方が
 自力で歩き回れるようになった

そんな”超重症”患者さん救われた
臨床事例もあります。

決して私だけが高い治療効果を出せる
治療法ではありません。

あなたも再現できる治療法です。

見てなんとなくマネするだけで
効果がでる”型”に
落としこんであります。

7月中旬に皆様にも具体的なやり方などを
公開する予定ですので、
お楽しみになってお待ちください!

とはいいつつ

「7月まで待てない!」

という方もいるかもしれません。

もしそんな方がいましたら、
僕のメルマガでこの治療法について
ちょっとずつ”ネタバレ”中です。

興味がありましたら、
僕の無料メルマガに
登録してみてください。
 
 ↓↓↓

>無料メルマガはこちら

それでは本日はこの辺で。

ごきげんよう、
またお逢いしましょう。

米澤 浩

追伸

※明日23:59終了※

アトピーやアレルギーの
改善実績は3,000人以上!

「感動しました!」

「正真正銘のゴッドハンドですね!」

「この手技があれば、
 今まで治せなかった
 命を救えるようになります!」

お陰様で現在【大・大・大ヒット中】の
大人気の手技をもう確認しましたか?

アトピーやアレルギーに悩む、
あなたに贈る
アトピーアレルギー治療の
決定版を明日まで公開中!
 ↓↓↓

>命を救える手技は↓コチラ

※明日6/13までの期間限定です。
 
 
 
 
 

Writer

米澤 浩

米澤浩 米澤浩の記事一覧

戦場武闘制法 訃幻流 初伝らせんそう流 継承者】

【略歴】

昭和53年11月
仙道の師より操氣法を学び、手当療法を始める。
昭和57年 4月
整形外科病院に勤務、医師から救急対応法などを学び、鍼灸師と柔道整復師 按摩師よりマッサージ法、骨整復術等を学ぶ。
昭和58年 4月
地元北海道旭川を出て放浪の旅にでる。
東京の某有名アクションクラブにてスタントマンとして活動
昭和58年 7月
縁があり訃幻流継承者の功夫と出会い訃幻流を学ぶ
昭和60年 8月
訃幻流宗家継承者となる。患者さんからの紹介のみで27年間出張整体として活躍
平成17年12月
ヒーリングサロン癒楽々舎内に真誠堂を開店
平成18年 1月
温浴施設と提携
平成18年 8月
昇仙堂を開院、現在に至る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 ゴッドハンド通信