ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 マインド

 ゴッドハンド通信記者

DRT開発者に聞く“真の治療家”に必要なものとは?

133 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

こんにちは
ゴッドハンド通信の和田です。

コンビニより治療院の数が増え
ライバル店が溢れかえっている
治療院業界ですが

不況の時代では閉店していく院の
噂を聞くことも多々あります…

そんな厳しい時代を生き抜くためには、
治療家として何が必要なのでしょう。

その答えを探し、今回は
業界を知り尽くすゴッドハンドに

『これからの治療家には何が必要か』
というテーマで
インタビューをしてきました。

1人目はゴッドハンド通信でお馴染みの
関野正顕先生。

2人目は“邪道な整体”で
業界の常識を壊し続ける
古藤格啓先生でした。

ページの下に映像を載せているので
ぜひ動画をご覧になって、

関野先生と古藤先生のエッセンスも
先生の治療家魂に加えてくださいね。

そして、今回お届けする
3人目のゴッドハンドは…

今世紀最大の治療革命を起こした
手技を開発し、

1人月商300万円を売り上げる
DRT開発者の上原先生です。

実に35年も業界を牽引し続けてきた
上原先生ですが、
治療家が厳しい時代を生き抜くためには

“あること”をし続けることが
大切だといいます。

この点にこだわり続けてきたからこそ
上原先生は、、、

・受付なしのひとり治療院、しかも
 施術のみで月商300万円を安定させる

・患者さんとの強固な信頼関係があるから
 コロナ禍でも関係なく繁盛しっぱなし

・ライバル院に患者が逃げないから
 ファン患者に囲まれて安定した経営ができる

など、まさに”腕一本”で繁盛する
ひとり治療家の理想を絵に書いたような
生活を実現されています。

では、このような
人並み外れた結果を出すために

上原先生が常日頃から
大切にされている“あること”とは
いったい何なのか…?

その答えは、
こちらの動画でご確認ください。

 ↓↓↓

「最近、自称治療家が増えていますよね」

「患者さんの言いなりになっていては
 “真の治療家”ではない」

インタビューで上原先生が答えた
ドキッとするような答えは、

当たり前のようなことでも
経営や自身の生活のために
忘れてしまいがちなことでした。

「“これでいい”と思った瞬間から
 堕落は始まる」

この言葉を座右の銘に、上原先生は
まだまだ進化し続けています――

追伸

常に進化し続けているDRTですが
クドケンで公開して6年がたった今も
DRTの人気は衰えるどころが拡大し続けています。

やはり上原先生だからこその結果
といえますよね!

さて、

ちょうど今、この上原先生のDRTセミナー
の募集をしているのはご存知でしたか?

いつもすぐに満席になってしまう
超人気のセミナーで、

その理由が

セミナー参加わずか半年で
自宅の一室で開業し

1ヶ月後に53万円を売上げる!

ということが当たり前に起こっている
スゴイ内容のセミナーだから!

年内最後の募集となるので
参加希望の方はお早めにお申し込みください。
↓↓↓
https://www.itm-asp.com/cc/226001/997Td0p9

なぜDRTセミナーがこれほど成功者を輩出できるのか?
その理由を説明した動画がございますので
是非ご覧になってみてくださいね。
↓↓↓
https://www.itm-asp.com/cc/226001/2GGJVaMD

—————————————–

次回、1分100万円の整体でも
予約が後を絶たない

AKS療法開発者
山内義弘先生にインタビューした映像を

10月23日(金)19時に配信します。

次回もお楽しみにお待ちください。

関野正顕先生のインタビュー映像

 ↓↓↓

古藤格啓先生のインタビュー映像

 ↓↓↓

Writer

ゴッドハンド通信記者

ゴッドハンド通信記者 ゴッドハンド通信記者の記事一覧

日本全国のゴッドハンドの情報をお届けします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 ゴッドハンド通信