ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 鈴木章生

指標を”言い訳”に使っていませんか?

1709 Views

先生こんにちは。

 
“痛みをとる技術”を日々研究している
モーションロック解除理論の
鈴木章生です。

 
本日は、痛みを抱えて
院にやってくる患者さんとの
向き合い方について

私なりの考えと経験を踏まえ
先生にお伝えして
いきたいと思います。

 
============
「痛みを追わない」功罪
============
 

昨今、

「痛みを追わない」

というフレーズの施術方法が
増えたように感じます。

 
「痛みや症状」ではなく、
「指標」の変化を追うことで、

患者さまへの説明がしやすい。
患者さまが納得しやすい。

 
そんなメリットから
多くの施術家の方が

「症状」ではなく
「指標」を追う。

 
そんな考え方を採用されて
いるのではないでしょうか。

 
指標というのも
視診、触診、キネシオロジーなど
様々な指標がありますよね。

 
もちろん施術において、
とても大事な要素ではあります。
 

しかし、私の勉強会に来られる
施術家の先生方の実情を見ると、

指標を金科玉条のごとく
患者さんにゴリ押しして、

「”指標は変化している”から
痛みは変わらないけど大丈夫」

というような説明を
ひたすらし続けている方も
いらっしゃるようです。
 

==================
指標を「言い訳」に使っていませんか?
==================

それって、

痛みが取れない「言い訳」
~~~~~~~~~~~
に指標を使っていませんか?
 

もちろん、何も考えずに
習った指標をゴリ押しするのは、
施術者にとっては精神的な
よりどころになり、楽です。
 

でも実際、あなた自身
痛みを抱えたらどう思いますか?
 

==============
指標なんかどうでもいいから、
痛みが取れる方法教えてくれ!
==============

…と感じると思いませんか?
 

私は、高校・大学と通じて
ラグビーをしていました。
 

大学では大学日本一にもなるような
チームでしたので、練習は過酷で、
大きなケガをすることもありました。
 

そんな時に、
リハビリ、整体、マッサージ、鍼灸…

あらゆる治療法を試しました。
 

いくつかの治療院では
指標をベースに
説明されました。
 

キネシオロジーだったり
視診でゆがみを見たり。
 

でも、

「そんな指標は分かったから
どうすれば痛みが楽になるのか
具体的に教えてくれー!」

それが、私の本音でした。
 

==============
「まだ痛いです」と向き合う
==============

多くの治療家の方は患者さんから

「まだ痛いです」

と、言われるのが嫌なようです。
 

でも私は自分が痛みを抱え、
痛みと向き合ってきたからこそ、
患者さんの痛みとも
逃げずに向き合ってきました。
 

どうすれば痛みがとれるのか。
どうすれば痛みが楽になるのか。
 

時には迷路に迷いそうに
なることもありますが、
真摯にそこに向かい合って
きたからこそ、

「痛みの本質」が少しずつ
分かってきました。
 

==========
「痛くない」を追う
==========

私なりの「痛みを取る極意」を
紹介させて頂きます。
 

それは、

「痛み」を追うのではなく
「痛くない」を追う

ということです。
 

私自身が痛みを抱えていた時、
患者として施術者から

「どうすれば痛いか?」

という質問を繰り返されるのは
体力を消耗し、疲れました。
 

何より痛いからツライ…。
 

自分で何とか痛い状況を
脱出するために自問していたのは

「どうすれば痛くないか?」

問いの違いは
結果の違いをもたらします。
 

========
痛みをとる極意
========

「どうすれば痛くないか」

という問いを繰り返していくと、
様々なことが見えてきます。
 

施術でも、動作でも、
セルフケアでも、
ちょっとした動作の違いが
「痛い」と「痛くない」を分けます。
 

腰痛なら腕と膝の位置関係を
意識するだけで
「痛い」が「痛くない」になります。
 

肩痛でも肘と体の動きの関係を
意識するだけで
「痛い」が「痛くない」になります。
 

こんな簡単な方法で
痛みを感じないのなら、
今そこにある痛みをわざわざ
感じなくて済むのではないか。
 

是非、今一度患者さんの
「痛くない」と
向き合ってみて下さい。
 

理論や指標や根本改善
という言葉よりも
大切なことが見えてきます。

面白い発見があったら
是非ご報告して下さいね。
 

鈴木章生
 
 

追伸

こんなメルマガを書く私は
一体どのような施術を
しているのかというと、

張力の力を使い
たった一つの診たてで
身体を整えていく方法を
使っています。
 

「痛くない」を追う
この手技を使えば
痛みが取れない言い訳を
考える必要はありません。
 

わずかな変化で
「治った」と患者さんに無理やり
押し通す必要もありません。
 

ご自身の手技に
自信を持つことが
できるようになります。
 

詳しい手技の内容は
コチラからご覧頂けます。
↓↓↓

http://suzuki-sijuukata.com/

Writer

鈴木 章生

鈴木章生 鈴木章生の記事一覧

2008年1月に自宅の8畳仏間で開業。 その2ヶ月後の3月には月商100万円を叩き出す。さらに3ヶ月後の6月には月商200万円突破という型破りな実績を持つ。
「モーションロック瞬間解除テクニック」を開発して以来、月500名前後の患者様を施術し、月商250万円 の治療院を経営。初回から6回リピートする患者様が全体の80%を占めている岡崎のカリスマ治療家。
また、慶應義塾大学総合政策学部卒、元テレビ局勤務、さらには現在も整体院と同時に飲食店の経営、NPO法人の理事を務めるなど施術家として異色の経歴を持つ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2024 ゴッドハンド通信