ゴッドハンド通信

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 

 未分類

超痛いっ!高いっ!立地悪いっ!!でも、それがいい!!

2187 Views

こんばんは、矢島です。

本日は、つい先日伺った
治療院での出来事について
お話させていただこうと思います。

というのも、
施術を受けている間に

「患者さんが求めている本質は
 コレなんじゃないか??」

という気付きがあったのです。

なので、この気づきを
先生にお伝えさせて頂くことで

初診患者さんの心を瞬時に掴み、
自然とリピートして
もらえるようになると思います。

私自身が自然とリピートしてしまった
実体験に基づく方法なので、
ぜひ、最後までお読みください。

とてもシンプルなのに
強力な効果を発揮すると確信しています。

では、

今回お伝えする
「瞬時に患者さんの心を掴み
 自然とリピートして
 もらえるようになる方法」ですが、

順を追って説明するために、
まずは私が伺った治療院について
簡単に紹介したいと思います。

治療院を知ったきっかけは
職場の方からの紹介でした。

この治療院の意外なところは、
件名にも書きましたが、

「超痛いっ!高いっ!立地悪いっ!」

という治療院なのです。

1つずつ噛み砕いて
説明します。

1.超痛いっ!

⇒本当に悶絶しました。
 人は本当に痛い時、声がでないんですね。
 という、新しい発見をするほどの有痛療法です。

 (痛いのは、それだけ状態が悪いから
  ということなのですが)

 ちなみに手技は、指圧系のもので、
 指圧や足踏みで全身のコリを
 潰していくというものです。

2.高いっ!

⇒1回1万5千円です。

 時間は90分なので、時間単位にすれば
 めちゃくちゃ高いという金額でもないですが、
 それでもインパクトのある価格設定かと思います。

3.立地悪いっ!

⇒最寄り駅から徒歩10分。

 マンションの4階の1室に
 構えているのですが、

 看板はなし。マンションの
 エントランスにも案内はなし。

 通りがかりの集客は
 0人だと断言できます。

 実際に、私が初めて伺った時も、
 グーグルマップを使っても辿りつけず、

 (なぜか、全然違うところにつきました汗)

 電話をかけて、道案内をしてもらっても
 道を間違えてしまう程、
 本当に分かりづらいところで
 院を運営されておられました。

それにも関わらず、
この治療院は、連日予約でいっぱいの
知る人ぞ知る繁盛院なのです。

つまり、紹介だけで
院の運営がまわっているということです。

その秘訣はどこにあるのでしょうか?

ここから、今日の本題である
この答えに迫っていきたいと思います。

ます、私がこの治療院で
改善してほしかったことですが、

それは、

頭のハリ、
眼精疲労、
首・肩・背中のコリ、
そして、慢性的な胃の不快感でした。

その影響からか、
朝、なかなか起きづらい日が続くことも多く、

「この原因は自律神経の乱れにあるのかな?」

と思いながら治療院に足を運びました。

今回伺った治療院は、
先ほどもお伝えしたように、

立地が悪く、看板もなく、
マンション1室で運営している院です。

正直なところ、
院に入るまでは不安でした。

恐らく、女性患者さんであれば
更に大きな不安を
抱えられていたと思います。

<私が自然とリピートしてしまった理由>

私がリピートを決めた瞬間は、
治療院に入ってすぐのことでした。

治療院に入り、問診票を記入し、

「ちょっと触診するので
 まっすぐ立ってください。」

と言われ、背中を触診して頂き、

「胃腸系が弱ってますね。」

と診断されました。

・・・

ここです。

この瞬間に私の心は
大きく動きました。

その時の心境を伝えます。

私は来院前、

「自分の症状の原因は
 自立神経の乱れにある」

と思っていました。

そして、

【これがあっているのか
 間違っているのかを確かめたい】

という気持ちを持っていました。

そして、私は自分の仮説を確かめられた時に

「患者さんが求めているものはこれだ!」

と感じたのです。

先生にもこんな経験はありませんでしょうか?

なんだか熱っぽいなと思った時に、
自然と体温を測って
風邪を引いているのか確かめようとはしませんか?

重要なのは、この時に、
実際に熱があるかないかは
大きな問題ではないということです。

重要なのは、「納得感」です。

この「納得感」こそ
患者さんが治療院に求めている
大きなものの1つなのです。

患者さんは治療院に来院するときに、
症状に対して自分なりの仮説を
必ず持っています。

繰り返します。

必ず持っています。

そして、その答えを検証するために
先生に【断言して欲しい】のです。

答えがあっているか、間違っているかは重要ではなく
【断言してもらう】ことが重要なのです。

患者さんは症状改善を求めているはずでは?

と思うかもしれません。

確かに、症状の改善も求めています。

ですが、患者さんは(特に初診患者さんは)
この【断言してもらう】ことがとても大切なのです。

不思議に思うかもしれませんが、
ものは試しです。

是非、患者さんの症状に対し、
【断言する】ことを
実践してみてください。

そうすることで、
患者さんは、心の中のわだかまりがとれ
「この先生は違う!」と信頼の念を
抱いてくれることでしょう。

反対に、
決してやってはいけないこともあります。

それは、

「どうですか?」

と患者さんに聞くことです。

この瞬間に患者さんは、

「え?この先生はよく分からずに
 施術しているのかな?」

と考え始め、先生が信頼を得ることは
極めて難しくなってしまいます。

ぜひ、この点も意識して
日々の施術に活かして頂けますと
嬉しく思います。

長文になりましたが、
本日のお話は以上になります。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

追伸

今回の治療院ですが、
もう1点素晴らしかった点があります。

それは、

第一印象の良さです。
~~~~~~~~~~~

マンションの1室に構えていることで、
院に入るまで、不安でしたが、

扉を開けてすぐに感じた
柑橘系のアロマの良い香りと、
キレイに整えられた院内、

そして笑顔で向かえてくれた
先生の顔を見た時、

自然と不安な気持ちはなくなっていました。

もしも、先生が、
初診患者さんのリピート率が悪かったり、
中でも女性患者さんが苦手だという場合は、

今回のメールの内容と合わせて
6月7日まで公開している
こちらの無料プレゼントをお受け取りください。

無料で手に入るチャンスは
今だけなので、ぜひこのチャンスを
活かしていただき、
売上アップを実現してください。
 ↓↓↓

https://mail.google.com/mail/u/0/?hl=ja&shva=1#inbox/15514f51f6845850

Writer

ゴッドハンド通信事務局

ゴッドハンド通信事務局 ゴッドハンド通信事務局の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

    NO CONTENTS

©2023 ゴッドハンド通信