ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 セルフケア指導

 米澤浩

【手技ビデオ】60秒で下肢の歪みをスッと解消!簡単メンテナンス法

2976 Views


こんにちは。

 

天心正法訃幻流宗家の
米澤浩です。

 

私はらせんそう流整法という手技を
過去にお伝えしております。

 

初めてのDVDから
早くも5年目を
迎えようとしておりますが、

いかがお過ごしで
いらっしゃいますか??

 

自分は北海道と東京を
行き交う生活を始めて
早くも3年目を迎えようと
しております。

 

あれから提供する術法も
随分変化してきております。

 

その変化については
いつか機会があれば
シェアができるのではないかな?

と考えておりますので、
ご興味あれば楽しみに
お待ちくださいね。

 

さて、読者様の中には
スポーツをされている方も
多くいらっしゃると思います。

 

そしてきっとその中には
『スランプ』で苦しんだ方も
少なからずいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

 

本日は、
スランプの原因について
お伝えしていきたいと思います。

 

また、その原因を取り除く
簡単なメンテナンスも
お伝えしております。

 

このメンテナンスをすると
腰痛や肩こりの原因も
スッと取り除くことができて、

スポーツをやられていない
患者さんにもお使いになれるので、
ぜひ最後までご覧ください。

 

学生や趣味で
スポーツをされている方なら
スランプは大きな問題には
ならないと思いますが、

プロの選手にとって
スランプは死活問題になりますよね。

 

ではそのスランプとは
何故起こるのでしょうか??

 

プロの選手であれば何年間も
ずっとトレーニングをされていて、

しかも繊細なバランスも保ちながら、
日々を過ごされているはずなのに
何故昨日と同じことが
できなくなるのでしょうか??

 

その理由を
考えたことはございますか??

 

ではその原因をお伝え致します。

 

それは

『踵の変異を伴う腓骨脛骨など…
下肢の変異によるバランスの消失』

です。

 

詳しく説明しますと、
人は二足で立ち上がってから
常に重力に反発して
生活をしております。

 

その重力を理想的に相殺し
バランスを取るために
下肢の骨は左右2本ずつ
存在しております。

 

背骨など1本の大骨は
多少ずれてバランスが崩れても、

起立筋という筋肉が
ブロックを積み上げたように
背骨をまたぎ、

上から下までを繋げているので、
自己修復ができます。

 

しかし、下肢につきましては
そういう訳にはいきません。

 

筋肉は1本の骨に沿って
存在してはいますが、
そのバランスをとるための筋肉は
存在しておりません。

 

ということは一度歪み始めたら
自己修復はなかなかできない
ということです。

 

スポーツは、
私たちが思っているよりも
下肢に負担が掛かる行為です。

 

そして下肢の歪みが
少しずつ大きくなり
遂には身体の中心軸を
変えてしまいます。

 

その中心軸に慣れて
動けるようになるまでスランプが続き、
遂には怪我などをしてしまい、
結果として引退を余儀なくされる…

そんな哀しい例を
数多くご覧になられたことが
あると思います。

 

もし患者さんに
そのような方がいらっしゃったら、
まずは踵と下肢のバランスを
疑ってみてください。

 

そこを意識して治療しますと、
きっと面白いほど結果が出ます。

 

なかなか自分自身では
調整ができない下肢のバランスですが、

日々のメンテナンスとして
その下肢にアプローチする
セルフメンテナンスを
今回はお伝え致します。

 

具体的なやり方や理論などを
動画で詳しく解説しておりますので、
ぜひこちらからご覧ください。


大きな歪みには適応しにくいですが、
日々ケアすることにより
重篤な状態になることを避けられます。

 

ぜひスキルの1つとして
お役立てください。

 

今回はこれにて失礼致します。

 

またお逢いしましょう!

 

ごきげんよう。

 

天心正法訃幻流宗家
米澤 浩

 

追伸

 

何をやっても緩まなかった
カチカチの深層筋肉が、
たった60秒で
スッと入るほど緩む…

そんな魔法のようなことを
実現するのが、私の

『らせんそう流整法』

です。

 

今治せない症状が
1つでもあるなら、

その突破口になると思いますので、
ぜひこちらから詳細を
ご確認ください。

>>詳細はこちらをクリック

Writer

米澤 浩

米澤浩 米澤浩の記事一覧

戦場武闘制法 訃幻流 初伝らせんそう流 継承者】

【略歴】

昭和53年11月
仙道の師より操氣法を学び、手当療法を始める。
昭和57年 4月
整形外科病院に勤務、医師から救急対応法などを学び、鍼灸師と柔道整復師 按摩師よりマッサージ法、骨整復術等を学ぶ。
昭和58年 4月
地元北海道旭川を出て放浪の旅にでる。
東京の某有名アクションクラブにてスタントマンとして活動
昭和58年 7月
縁があり訃幻流継承者の功夫と出会い訃幻流を学ぶ
昭和60年 8月
訃幻流宗家継承者となる。患者さんからの紹介のみで27年間出張整体として活躍
平成17年12月
ヒーリングサロン癒楽々舎内に真誠堂を開店
平成18年 1月
温浴施設と提携
平成18年 8月
昇仙堂を開院、現在に至る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信