ゴッドハンド通信【手技力アップの教科書】

今スグ使える!治療効果も実証済み! そんな手技テクニックを現役ゴッドハンドが 毎日映像でわかりやすくお伝えしています。

 問診・検査テクニック

 宮本 啓稔

診断の奥義!!「祈り」を治療に生かす!(治療の奥義その7)

2345 Views

皆さんこんにちは。

ゴッドハンド通信の宮本啓稔です。

今回のテーマは、

「診断の奥義!!
 ”祈り”を治療に生かそう!
 (治療の奥義その7)」

です。

 

フッフッフ、
テーマを見ただけでは
意味分からないでしょう?

 

(肘I先生や世田谷のМ沢先生
 クラスの達人になれば
 題名を見ただけで、
 分かってしまうかもしれませんが!)

 

まー、読み進めてみてください。

 

「超、スゲーじゃん、コレ!」

って思う(かも?)

 

《”治癒”は自分一人の力では成功しない!》

と、よく言いますよね。

 

全部そうだとは言いませんよ。

 

ただ・・・・、

臨床を数多く経験し、
長年ご経験を重ねている
治療家さんでしたら、

この事は「痛切」に感じているはず。

 

“治療家自身の力”以外とは、
患者さんご自身の心と体。

 

あるいは、そのバックグラウンド。

 

物理的な施術が「陽」だとしたら、

エネルギー的なものが「陰」です。

(”患者さんにかける言葉”や
 精神を含めたもの)

物事は全て陰陽で
成り立っていますから、
そのどちらが欠けてもいけません。

 

(治療家としては、
 ついエネルギーだけで
 何とかしたいと思って
 しまうんですが、

 それが成立してしまうと
 「あの世」と変わらなく
 なってしまいます。

 それでは、
 「この世」に産まれてきた
 意味が無くなってしまいますよね。)

 

 ただ陰陽が成立するといっても、
 ”優先順位”があって、
 先に「陰(エネルギー)」です。

 

東洋医学でも
先に陰経(臓)から治療しますよね。

 

施術だって、
お腹側(の芯)を治療すると
背中側は、揉んだりしなくても
勝手に緩みます。

 

整体の野口H哉先生も

「心あるのみ。」

とおっしゃられているという事で、
その重要性は周知の事実。

 

《じゃあ”陰”に対しては、
 どーやればいいの?》
 
ですよね、ですよね。

 

そこで一番効果的なのが、
“祈り”です。

 

(あくまで私自身の”体験”ですよー。
 1つの意見として
 納めておいてください。

 ディスらないように
 よろしくお願いします!)

 

やり方はですね・・・・。

(ザックリ言います、ザックリと。)

 

①××××をします。

②その患者さんの守り神様に
(言い方は色々あって良いです。)
施術させて頂く事に対する
“お礼”を申し上げます。

 

具体的には、

「この方を私に
 治療させて頂きまして
 ありがとうございます!」

と言います。

 

③「~さんに対して
 ”(世界)最高の治療”が
 出来ますように
 お力をお貸しください!」

あるいは、

「お導き下さい!」

と言う。

④施術後に守り神様にお礼を言う。

 

以上です。

 

【あとがき:
「祈っても患者さん治らねーじゃん!」
 という方のために】

 

まあ、良く言われますよね、これ。

 

理由は

「物理的な側面を
 ちゃんとしてないから!」

とゆーのが1つあります。

 

他にも、
たくさん理由はあるんですが、
1つ言える事は、

“祈りは確実に効いている”

という事です。

(この事だけは、忘れないよーに。)

 

もう一つ、超重要な事は

「神様(あるいは患者さんの持つ
 エネルギーと言い換えても良い。)は
 ”祈り”によって成長していく!」

という事。

 

積み重ねが大事。

(貯金も勉強も全部そうですよね。)

 

皆さんにも
試して頂きたいんですが、

これを続けていくと
「声」が聞こえるように
なってきます。

 

端的に言えば、
その人の身体に対しての
“気付き”が増えてくる。

 

この”能力”を鍛えるのが
今回お伝えしたメソッドです。

 

臨床を長年経験された先生なら、
ありませんか?

 

「あ、もしかしたら
 これやったら効くかも!」

と、思いつく瞬間が。

 

それは”意外な場所”だったり、
それまでの流れとは
全然違うテクニックだったりします。

 

そういった”超診断力”的な能力
(全ての理論を超えるもの)
を育てるんです。

 

・・・。

 

・・・・・・。

 

・・・・・・・・。

 

意図的に。

 

それが臨床で一番大事です。

 

(おっとー、ここでお話が
 ”診断”につながりましたね。

 ウチらはお医者さんじゃないから
 「診断」って言っちゃ
 いけないんですけど。)

ちなみに、こういう理論ではない
“直観力”を鍛える訓練って
最近ではアメリカ海兵隊も
導入しているんですよ。

 

(「ヒューリスティクス(直観力)」
 っていうんですけどね。)

 

刻々と状況が変化し、
“即断”を求められる
事の多い戦場では、

理論・論理で判断していては
「遅い!」のだそうです。

 

では次回は、

この”祈り”のパワーを
上げるための方法を
お伝え致しましょうか。

 

(”場”のエネルギーを使います。)

 

では、皆さんグッドラック!!

 

(あ、そうそうこちらのご感想を
 メールして頂いた方には

 例によって「やり方」①の
 ××××の部分と、
 もう少し詳しい言葉使い、
 実際の言葉などをお教え致します。

 皆さん、ドシドシご感想をくださいね!)

 

私のゴッドハンド通信の
過去のメルマガは
こちらからバックナンバーを
ご覧頂けます。
↓↓↓

バックナンバー一覧はコチラから

 

また本日の話のご感想は
下のアドレス迄お願いいたします。

ご感想はコチラのアドレスにお願いします

 

 

追伸

 

やさしく足をひっぱるだけで…

まるでドミノ倒しのように
全身の歪みが一気に整う
手技があるのをご存知ですか?

 

時間にして、たった30秒。

 

ヘルニア、坐骨神経痛、うつ病から
パーキンソン病、パニック障害まで
どんな重症患者も劇的に回復させます。

 

今なら2月28日(水)まで、
その手技のセミナー映像を
無料でご視聴いただけます。

 

ぜひ下のURLをクリックして
詳細をご確認ください。
↓↓↓

詳細はコチラから

Writer

宮本 啓稔

宮本啓稔 宮本啓稔の記事一覧

治療家歴17年。
新宿西口治療院の院長

平成11年 日本鍼灸理療専門学校を卒業
国家資格(針灸・マッサージ師)取得
渋谷整体センター勤務
平成12年 西新宿治療室勤務
平成15年 新宿西口治療院開業

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 ゴッドハンド通信